金沢区・磯子区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

能見台小5年1組 横浜紅谷と和菓子開発 完成に向け、試食会

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
児童に試作品を配る鈴木店長
児童に試作品を配る鈴木店長

 能見台小学校の5年1組の児童と地元和菓子店の横浜紅谷能見台店が新商品の開発を協力して行っている。テーマは「春におめでとうが伝わる和菓子」。11月11日には児童のアイデアをもとに作られた試作品4品の試食が行われた。今後、児童の意見を取り入れつつ改良を重ね、2月の完成を目指す。

 5年1組の児童29人は総合の授業で、7月から能見台周辺の店舗をまわり、新型コロナウイルス感染症の影響で困ったことがないかなどを聞き取り。店舗の感染症対策やおすすめ商品などを伝えるポスターを作り支援してきた。

 そんな中、横浜紅谷が能見台商店街の七夕祭りの中止で、新商品を披露する場がなくなったことを知った。「自分たちにできること」を考えた結果、「おめでとうが伝わる新商品」を一緒に開発することに。購入者が「おめでとう」を伝えたい誰かに贈ることで、町を活性化したいという思いを込めた。

 同店の鈴木和美店長を学校に招き、お祝いや卒業式、入学式でつかえるように春の和菓子を一人一人が考案した和菓子をプレゼンテーション。今回はその中から4つを選び、試作品が作られた。

 試作品はいちごを練りこんだあんこを包んだ練り切り、抹茶あんを包んだほうじ茶のわらびもち、桜やわらびもちが入った錦玉、パイナップルと白あんを包んだわらびもちの4品。錦玉を考案した小林紗良さんは「いろんなものを錦玉の中に入れたものを書いたので、実現は無理かなと思っていたけど、キレイにできていてすごい」と感想を話した。

 最後に児童が試作品の感想を発表。人気があったのは、パイナップルの和菓子で、パインのジューシーさや白あんとの相性が高評価だった。鈴木店長は「みんなが食べておいしいと言ってくれて嬉しい。今日の和菓子は商品の”赤ちゃん”なので、意見をもらって完成させていければ」と話した。

試作品の和菓子4品
試作品の和菓子4品

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

1団体・1人が受賞

金沢区区民栄誉賞

1団体・1人が受賞 社会

スポーツ分野で功績残す

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

緊急事態宣言、対応追われる

緊急事態宣言、対応追われる 社会

飲食店から「厳しい」の声

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

グランプリ目指し本番へ

ミス日本コンテスト

グランプリ目指し本番へ 社会

横市大 4年 川内美月さん

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク