金沢区・磯子区版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

横市大藤崎ゼミ eスポーツで若者に訴求 「コミハの存在知って」

コミュニティ社会

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
白熱の対戦を見守る観客(同大提供)
白熱の対戦を見守る観客(同大提供)

 横浜市立大学(金沢区瀬戸)の国際商学部の藤崎ゼミの学生4人が12月5日、金沢区の柳町コミュニティハウスで区内初のeスポーツイベントを開催した。若年層の利用者が少ないコミハや地区センターの存在を広く知ってもらい、利用促進につなげることが目的。19日(日)と1月15日(土)にも同様のイベントの開催を予定している。

 柳町コミハを運営する金沢区民協働支援協会は、以前から若年層の利用の伸び悩みという課題を抱えていた。こうした課題を解消し活性化につなげたいと、横市大に協力を依頼。藤崎ゼミの3年生の伊藤萌絵さん、板垣夏実さん、佐藤盡さん、園田翔啓さんの4人が担当し、6月頃から企画を練ってきた。

 当初は昔遊びのイベントを考えていたという4人。しかし、区役所職員から「もっと、若者だからこそできるものがいいのでは」とアドバイスを得て、eスポーツにたどり着いた。

 ゲームソフトは初心者でも気軽にできる対戦型パズルゲーム「ぷよぷよ」を採用。神奈川県eスポーツ連合から機材を無償で貸してもらうなどの協力も得た。

次回参加者も募集

 イベント当日は20代前半を中心に15歳から43歳の14人が参加。ほぼ全員がコミハを利用するのは初めてだった。自称ぷよぷよ芸人の横浜ヨコハマの上仲誠彦さんが司会を務め、会場を盛り上げた。「アンケートで『とても楽しかった』という声を聞き嬉しかった」と園田さん。しかし、初開催のためルールの設定が甘かったり、スクリーンが観客席から見にくいなどの改善点も。「次回開催には、修正できることは修正して、より良いものにしたい」と話した。

 同イベントは19日(小学生部門)と1月15日(小学生部門・一般部門)にも開催予定。参加無料。申し込みは柳町コミハ(【電話】045・785・2403)へ。伊藤さんは、「参加賞のお菓子や、賞品もあるので、ぜひ多くの方に参加して楽しんでもらいたい」と呼びかけている。

表彰式も実施
表彰式も実施

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

バリアフリー化へ基本構想

磯子区

バリアフリー化へ基本構想 社会

根岸・磯子・屏風浦駅を追加

5月12日号

超高齢者の受療行動を調査

横浜市立大学

超高齢者の受療行動を調査 社会

市内75歳以上と比較

5月12日号

みどりの愛護で大臣表彰

釜利谷赤坂公園愛護会

みどりの愛護で大臣表彰 社会

安全安心な公園目指す

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

患者の折り紙 アートに

患者の折り紙 アートに 社会

横市大学生ボラが企画

4月28日号

柔道日本一へ挑戦

磯子警察尾方さん

柔道日本一へ挑戦 スポーツ

県内から唯一の出場

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook