金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

金沢区長インタビュー 「住み続けたいまち」へ コロナ禍も工夫し前進

社会

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応える永井区長
インタビューに応える永井区長

 本紙では念頭にあたり、永井京子金沢区長に新春インタビューを行った。新型コロナウイルス感染症対策を進めつつ、工夫しながら進めた防災対策や第4期地域福祉保健計画の策定、人口減少対策にあたってきた1年を振り返りつつ、新しい年への意気込みを話した。(聞き手/本紙・金沢区・磯子区編集室 利根川真紀)

 ――新型コロナに振り回された1年でしたね。

 「ワクチン接種は当初、『電話がつながらない』『予約が取れない』など区民の方々にご心配をおかけしました。その中でも、区内企業・団体等のご協力で職域接種なども進めていただき、本当に助かりました。

 第5波では、保健所機能を持つ福祉保健センターの担当を通常の約10人から約50人に増やし、全課一丸となって取り組みました。これまで積み重ねてきた知識や経験で、第6波も乗り切れる体制を整えています。

 オミクロン株の感染拡大が懸念される中、3回目のワクチン接種は2月から対象者が多くなります。感染者数の急増を抑えるためには、区民一人ひとりの対策が欠かせません。こまめな手洗い、マスクの着用、3密の回避など、基本的な感染防止対策をお願いします」

 ――各事業の進捗はいかがでしょうか。

 「コロナ禍であっても『工夫をしてできることはやろう』という姿勢で取り組んできました。金沢まつりは残念ながら実施できませんでしたが、11月ごろからやっと皆さんと触れ合えるイベントが増えてきました。自宅で過ごす時間が多くなり孤立感を抱く人が多かったようで、地域のつながりの大切さを、改めて感じました。

 また、金沢区は自然が豊かな反面、がけ地などが多いため、防災対策には力を入れています。各地区の要望に応じて防災講座などを実施したほか、11月に開催した地域防災拠点・朝比奈小学校での合同避難訓練では、各地区から59人が参加しました。

 第4期地域福祉保健計画は1年遅れとなりましたが、12月にまとめることができました。各地区の計画は、それぞれ会議を少人数にしたりアンケート方式にしたりと、工夫しながら作成していただきました。計画の公表は2月頃を予定しております」

 ――区の魅力発信にも力を入れています。

 「金沢区は横浜の中でも人口減少と高齢化が特に進行しています。魅力的なところが沢山あるのに認知度が低いので、まずは知ってもらうところから始めました。昨年から区民カメラマンを募り、SNSなどで魅力を発信しています。

 また、横浜市立大学と協働し、人口減少対応策の検討モデル事業を実施しています。アンケートなどのデータを踏まえ、事業効果を高める手法を検証していきます」

 ――今年の抱負は。

 「区民の皆さんの安全安心を実現し、『訪れたい、住みたい、住み続けたいまち』を目指していきます。一人でも多くの”金沢区ファン”を増やし、各事業を推進していきます」

 ――最後にメッセージをお願いいたします。

 「今年はマスクをとって皆さんの笑顔に出会えるよう願っています。区民の皆さんと一緒にまちの課題に取り組んでいきますので、引き続きよろしくお願いいたします」

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

金沢・磯子で被害増加

特殊詐欺

金沢・磯子で被害増加 社会

還付金、オレオレが多数

5月19日号

バリアフリー化へ基本構想

磯子区

バリアフリー化へ基本構想 社会

根岸・磯子・屏風浦駅を追加

5月12日号

超高齢者の受療行動を調査

横浜市立大学

超高齢者の受療行動を調査 社会

市内75歳以上と比較

5月12日号

みどりの愛護で大臣表彰

釜利谷赤坂公園愛護会

みどりの愛護で大臣表彰 コミュニティ社会

安全安心な公園目指す

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook