金沢区・磯子区版 掲載号:2022年4月21日号 エリアトップへ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ 文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)4月 春の味を楽しみましょう

掲載号:2022年4月21日号

  • LINE
  • hatena

 筍やふき、山菜といった春の食物が店先に並ぶようになりました。春特有の野菜は、渋みや苦みが特徴的ですが、アーユルヴェーダでもそれらを春の味として勧めています。春は冬の寒さで蓄積した「カパ」が暖かさで溶け出して、悪化します。その結果、花粉症や喘息、過剰な睡眠、だるさ、消化不良、やる気低下などを引き起こします。カパを抑えて、バランスを整えてくれるのが、苦味、渋味、辛味の飲食物と運動です。

 アーユルヴェーダでは、食物には6つの味があり、それらを毎食すべて味わうことが健康に良いとされます。ただし、季節や体質に応じて、積極的に取るべき味とそうでない味があります。春は甘味、酸味、塩味は控えめに。特に甘味は、食べた後に口の中がねっとりすることを観察してみてください。それは口の中だけでなく、胃腸に移動していっても同じような作用を引き起こし、身体の中にねっとりとしたべたつきを生みます。

 春の不調は、身体の中がべたついて、通り道が塞がることで起こります。甘いお菓子を食べた後、口の中をさっぱりさせる為に渋い緑茶を飲む習慣からもわかるように、べたつきをなくして、すっきり風通しの良い体内にするには、苦・渋・辛が役に立ちます。

お中元商品受付スタート

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。「本物の味」が直売所価格!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)6月 「生姜+岩塩+レモン」で消化力アップ

6月16日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)5月 新緑の季節、早起きでさわやかに

5月19日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)4月 春の味を楽しみましょう

4月21日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)3月 デトックスには白湯生活を

3月31日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)2月 満足感を得るためには「黙食」を

2月24日号

災害時にタクシーで充電

災害時にタクシーで充電

(株)エヌケイキャブ(磯子区中原)

2月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに寄り添って

子どもに寄り添って

金沢区で7月に講座

7月4日~7月25日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook