神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

野口英世と長浜 第6回 手紙から見る野口英世の素顔 文/NPO法人野口英世よこはま顕彰会

公開:2023年4月6日

  • LINE
  • hatena
坂誠にあてた英世16歳の時の手紙
坂誠にあてた英世16歳の時の手紙

 このコラムでは、一号停留所の保存運動をする野口英世よこはま顕彰会が6回にわたり、野口英世と金沢区長浜とのつながりについて紹介する。

 福島県猪苗代町出身で金沢区並木に住む坂直孝の実家は野口英世と関りがあり、手元には英世直筆の5通の手紙が残る。

 英世の恩人・小林榮先生の夫人・しゅんは、直孝の祖父・誠の16歳年上の姉で、坂家と小林家は徒歩数分の距離。誠は小林家を通じて、1歳年下だった英世と遊び友達だった。英世が母・シカの肩に手を置いた写真は有名だが、その隣にしゅんが写っていることは、知られていない事実だ。

 1893年、渡部鼎先生による英世の左手手術の翌年の英世の手紙=写真=は、現存する最も若い16歳の時のものと推察される。学校の出席簿だけによって推定されていた手術の動機、手術料の出所、医学を志すまでの過程が分かる。

 1899年に長浜検疫所の検疫医官補であった英世は外国航路の船員からペスト菌を検出。その功績から同年、清国牛荘に国際予防委員会の一員として派遣された。その牛荘から誠に書いた手紙には、赴任地の様子に加え、かなりの高給なのにも関わらず、留学のための資金が少しも残らないことを嘆いている。洋服などに多くの金を費やしていたことが伺える。

 そのほか、友人の恩に報いるため小林先生に更なる援助を縁故の誠に頼む手紙や、誠が英世に就職の斡旋を依頼した手紙に対しての返事を記した手紙なども残っている。

 最終回にあたりこの貴重な一号停留所の現地保存を改めて希望したい。

並木地域ケアプラザ ケアマネジャー募集

人の話を聞くことが得意な方、地域のために働きたい方など、ぜひ一緒に働きませんか?

https://job-gear.net/namikicareplaza/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6

沖縄で4選手が活躍

Bリーグビーコル

沖縄で4選手が活躍

河村・キングらがオールスター出場

1月25日

「金沢動物園に辰はいるの?」

「金沢動物園に辰はいるの?」

金沢動物園 干支コラム

1月1日

積極性でチームに波を

Bリーグビーコル

積極性でチームに波を

磯子区出身・キングがけん引

12月7日

5千人超の声援が力に

Bリーグビーコル

5千人超の声援が力に

地元出身・須藤が意気込み

11月9日

目指すはB1「優勝」

Bリーグビーコル

目指すはB1「優勝」

森井・河村らが決意表明

10月5日

手紙から見る野口英世の素顔

野口英世と長浜 第6回

手紙から見る野口英世の素顔

文/NPO法人野口英世よこはま顕彰会

4月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook