港南区・栄区版 掲載号:2012年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

「鈴鹿8耐」で名門ヨシムラのサスペンションを提供・調整した 舟橋 潤さん 栄区在住 35歳

「答えのないものを追求」

 ○…タイヤと車体を繋ぐバイクのサスペンション専門店として港南区日野5丁目に「G sense」を構える。7月26日から29日まで三重県で開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースで、過去に4度の優勝経験を持つヨシムラスズキレーシングチームにサスペンションを提供した。調整も現地で行い「優勝経験のあるチームでサポートさせてもらったのは自分の中で大きい」と振り返る。

 ○…「バイクで一番好きな部品だから」。あえてサスペンションしか扱わない理由はごくシンプルだ。そう思えるのもかつてプロレーサーだった経験があるからこそ。「安全に快適に楽しく」バイクに乗るには速さを決定づけるサスペンションが最重要だと身をもって知っている。その調整は「ここまでやればOK」という明確な答えがなく「乗る人の”良くなった”がすべて。答えのないものを追求し続けていく」と妥協しない。

 ○…バイクとの出会いは幼少時代。私有地内で小さなバイクに乗せてもらい、走る速さに「すごい乗り物だ」と感動。すっかりバイクの虜となり、15歳までこつこつと購入資金を貯めていざバイクショップへ。しかし店長はすぐには売ってくれず、バラバラになったバイクのパーツを指して「これを組み立てたら売ってやる」。毎日学校の帰りに店長のアドバイスを受け、なんとかバイクを組み上げた。提示された価格は激安。「今思えばとてもあの値段では買えなかったはず」と改めて店長への感謝の思いを口にする。

 ○…2010年に現在の店舗を開店。しかし「本当は調整よりも乗るほうが好き」。プロ引退後もバイクへの思いは変わらず、レーサーからサポート側に回った今でも、アマチュアとしてレースに参加し続けている。それはライダーの気持ちを理解するためでもあるが「自分たちで作ったマシンを五感で評価するため」とサポートする側のストイックな一面をのぞかせる。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク