港南区・栄区版 掲載号:2013年11月14日号
  • googleplus
  • LINE

笹下成就院 築130年の本堂 再建へ 2度の大震災 乗り越え

文化

12月から取り壊しが始まる本堂
12月から取り壊しが始まる本堂
 笹下の梅花山成就院(花園親弘住職)の築130年を超える本堂が、再建されることが決まり、12月上旬から取り壊し作業が始まる。関東大震災、東日本大震災と2度の震災を乗り越えたが、蓄積された損傷に加えて老朽化も進んでいた。新しい本堂は来年11月に完成する予定だ。

 港南区笹下4の11の5の地に長い歴史を持つ同寺院。もともとは現在の真宗ではなく法相(ほっそう)宗だったが、1214年に祐玄法師が改宗し、新しい本堂が完成する予定の2014年は改宗からちょうど800年の節目となる。

 現在の本堂が建てられたのは約130年前。金沢区にあった他の寺の本堂を移築したもので、建物の歴史はそれ以上に古いと推測される。関東大震災の時には柱がゆがみ、補修を繰り返してきたが、2年前の東日本大震災でも梁がずれるなどした。東日本大震災後の耐震検査では、同規模の地震がきた場合に倒壊する危険性が高いと診断され、仏像などを本堂から搬出し、法事も隣接する客殿庫裡(くり)で行うようになった。「しかし、これだけ古い建物が2度の大震災を受けてなお建っているのはすごい。昔の職人の技術にも感心する」。27代目・花園住職は話した。

 「改修にも多額の費用がかかることや、(改宗800年という)1つの節目でもあるので、しっかりとした建物に改めようということになった」。費用の半分以上は檀家などからの寄付によるといい、花園住職は「檀家や地域に支えられていると実感するし、ありがたいこと」と話していた。

完成は約1年後

 新しい本堂は14年11月に完成予定。現在より一回り大きくして通路の幅などを確保し、バリアフリーにも配慮したつくりとなる。新たに20畳ほどの納骨堂も併設する。屋根は瓦から銅板に変わるため、「全体的にやわらかい印象になるのでは」と花園住職は話す。

 一方、柱や彫り物など活用できるものはできるだけ残す。「30年以上この本堂でお勤めをしてきた。壊すときにはさみしさもあると思う」と気持ちを明かした。

成就院の花園住職
成就院の花園住職

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

高畠町で今夏公演へ

栄区劇団ぽかぽか

高畠町で今夏公演へ

7月26日号

友好都市と新たな交流模索

小菅ケ谷小が東日本大会へ

将棋文科大臣杯

小菅ケ谷小が東日本大会へ

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

将棋団体戦で東日本大会へ

南高附中

将棋団体戦で東日本大会へ

7月12日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク