港南区・栄区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

港南区女性団体連絡協議会の会長として第30回記念チャリティー芸能大会を開催する 松井佑子(さちこ)さん 港南台在住 77歳

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

女性が元気な街に

 ○…「女性のために習い事を発表する場を作ろう。それなら人のため、社会のためにもなるチャリティーとして」。男女共同参画社会を目指す区女連が始めたチャリティー芸能大会は、今年30回を迎える。3月7日に行われる節目の大会に向け、準備に余念がない。

 ○…目黒区で育ち、大学の数学科を出て中学校の数学教師に。生まれた子どもを預ける保育所がなかったため、「泣く泣く」仕事をあきらめ、子育てを楽しむ生活に入る。港南台に移り住んで40年になるが、今までに取り組んだ活動は数知れない。民生委員児童委員は30年以上務め、昨年までの9年間は港南区民生委員児童委員協議会の会長として区全体をまとめた。他にも各種団体の代表を歴任し、今でも多くの役職を持つ。人生の多くの時間を地域活動に費やしてきたが、活動の原点は戦後間もない小学生のころ。ボランティアで遊び場を作り、相手をしてくれた大学生の姿に憧れた。「大人になったら、こういうことがしたい」。その思いは今も持ち続けている。

 ○…社会全体では男女共同参画が進んできたと感じる一方で、地域においてはまだまだ平等ではないと話す。だが、「地域で女性が果たす役割は大きい」ときっぱり。女性ならではの目線、心配りはさまざまな場面で必要だと感じているためだ。たとえば震災が発生した場合、「地域で動けるのは女性でしょ。ごはん作れるのも女性。災害に強い女性を目指したい」と意欲的だ。

 ○…「女性が元気な街は、街も元気」が持論で、「気持ちはハタチ」と持ち前の明るさで地域を引っ張ってきた。「私には幸せなことに一緒に活動する仲間ができる。だからやれた」と振り返りながら、「好きな手芸のグループを作りたい」と次の計画も口にする。他にも「長女の住むアメリカに行きたい」「クルーズ旅行をしてみたい」などたくさんの予定を挙げて「元気にならなくちゃ。新しいことを模索中よ」。そういって笑った。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

生原 秀将さん

プロバスケットボールクラブ横浜ビー・コルセアーズ主将の

生原 秀将さん

横浜市在住 26歳

1月14日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月7日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区公田町在住 65歳

1月1日号

青井 茂樹さん

このほど日本棋院横浜栄支部の支部長に就任した

青井 茂樹さん

栄区庄戸在住 64歳

12月3日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月19日号

レジェンド松下さん(本名:松下周平)

県警の特殊詐欺被害防止の動画に出演している人気実演販売士

レジェンド松下さん(本名:松下周平)

栄区出身 41歳

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク