港南区・栄区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

団体も「つながり」づくり 活発な活動目指し、開催

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
活発な情報交換
活発な情報交換

 港南区民や区内活動団体が集い、交流する場として「こうなん活動フォーラム2014」が3月9日、港南公会堂で開催された。

 当日は子育て関係や環境、まちづくり、福祉関係などの分野で活動する22団体が参加。フォーラムは各ジャンルの団体が一堂に集まりつながりを作ることで、団体の活動を広げてもらうのが目的。

 会場内には活動を紹介するパネルが展示されており、各団体が自由に行き来しながら活動を紹介し合った。初参加の「ふるさとエンデバー」は上永谷中学校の卒業生3人によるまちづくり団体。「大人と子どもをつなぐ『若者』のグループです」とリーダーの山川利希さん。30歳という年齢を生かし、お祭りなどのイベントに参加しながら「若い世代が地域で活躍できる場を作りたい」と意気込む。一方、港南区中途失聴難聴者協会「輝きの会」は昨年3月に立ち上げたばかり。今までは食事会等を通じて会員同士の交流を続けてきたが、「他団体に手話の指導もできる」と新しい関係作りに前向きな様子だった。

 続いて市民社会パートナーズ代表で、地域コーディネーターとして活躍する庄嶋孝広さんが、つながりの重要性について講演。庄嶋さんは、つながることで、存在感が増したり、チャンスが広がったり、ノウハウが合わさるなどメリットを説明。また、自分たちの活動をうまくカバーして他とつなげる「つなぎ役の存在が大事」と話しながら、フォーラムの出会いを活用するように促していた。

 講演後は各団体のプレゼンテーションの時間も。主催者でもある港南区民活動支援センターの担当者は「つながりたいと思っていても具体的な場がないと難しい。また、他団体の活動を知ることで、自分たちの活動も刺激を受けたのでは」と感想を話したほか、「団体同士で具体的な話も出ていた」と手応えを語っていた。

庄嶋さんの講演を聞く参加者
庄嶋さんの講演を聞く参加者

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

タッチーくん過去最高位

ゆるキャラGPFINAL

タッチーくん過去最高位 社会

全国28位、県では1位に

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「鉄道の日」にちなみ催し

旧横ギャラリー

「鉄道の日」にちなみ催し 文化

客車乗車体験も

10月15日号

まちを巡りクイズに挑戦

上大岡

まちを巡りクイズに挑戦 文化

ポイントに「QRコード」設置

10月15日号

国内初 運転席無人バス

市・企業など実証実験

国内初 運転席無人バス 社会

将来の労働力不足に対策

10月15日号

100周年カレンダーを発売

市営交通

100周年カレンダーを発売 経済

1500冊限定で

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク