港南区・栄区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

首都圏26館で上映されている横浜プロモーションアニメを制作した 奥田 昌輝さん 港南台出身 29歳

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena

一枚一枚に命吹き込む

 ○…若手アニメーション作家支援プロジェクト「第1回ハンドメイドアニメーショングランプリ」で横浜賞を受賞。これをきっかけに、市の依頼で横浜プロモーションアニメを手がけた。「仕事で依頼されて作ったものと違い、自分らしいテイストで作れたのが楽しかった」とにっこり。生粋のはまっ子とはいえ、イメージを掴むのに苦心。「三溪園は実際に足を運んだ」と、約半年かけて完成させた。

 ○…港南台出身。兄に連れられて少年野球チーム「港南台メッツ」で汗を流した。「本当はサッカーがやりたくて、サッカー用のリュックにグローブを入れていた」と笑う。上郷高校では軽音部に所属し、サラリーマンにはなるまいと、ミュージシャンに憧れた時期もあったが、芸術への興味から多摩美大へ進学した。ある日、学内で偶然足を運んだ上映会。「平面的というイメージを覆す、立体感と質感にあふれた作品に魅せられた」と、アニメーションを学び始めた。

 ○…東京芸大大学院に在籍中、ガムが好きな嫌われ者の小学生を描いた短編アニメ『くちゃお』がスペインの映画祭などでグランプリに選ばれた。既存の音楽に合わせて映像を作るのではなく、歌も一から自作した。「正しいものや美しいものはつまらない。負の方が面白い」とニヤリ。メタモルフォーゼという、登場人物や背景が変形しながらシーンが移り変わる技法を巧みに使う。「アニメーションの基本みたいなもの。一枚一枚が重なることで動いていく過程が楽しい」と目を輝かせる。

 ○…「住む環境が作品に影響を与えることはよくある」。白楽で暮らして1年半。隣近所で出会ったユニークな人や気になる人は、材料として頭の引き出しにしまっておく。今は新作のアイデアを膨らませる日々。「自分の絵は自分でしか描けない。自分らしい作品を作り続けたい」と、世界三大映画祭入賞の主人公となる日を思い描く。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 80歳

3月26日号

杉山 静枝さん

港南区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

杉山 静枝さん

日野南在住 72歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

坂巻 貴彦さん

プロピアニストとして国内外で演奏活動を行う

坂巻 貴彦さん

上大岡出身 28歳

2月27日号

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク