港南区・栄区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

NPO法人全日本育児普及協会の代表理事・会長として活動する 佐藤 士文(しもん)さん 港南在住 38歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

育児で世の中を幸せに

 ○…2011年、第1子の長男誕生をきっかけに7カ月間の育児休業を取得した。大企業に勤務していたが、男性社員の育休取得は初ケース。同僚たちからは驚きの声も多かったが、それが「衝撃」だった。2011年度で日本の男性の育休取得率は2・63%。周囲の反応とその現実が「育児の楽しさをもっと拡げたい」という現在の活動の原点になった。

 ○…長男誕生前、市の「横浜イクメンスクール」もプレパパとして受講。子どもが好きで好奇心が強いタイプなため、未経験の育児は楽しみで仕方がなく、育休取得に迷いはなかった。長男が生後6カ月のとき、育休がスタート。立ったまま抱っこしないと泣いてしまう長男と過ごして思ったのは「暇だな…」。試しに趣味のサルサ音楽を流し、抱っこしたまま踊ってみると、すやすや眠る長男の姿に気が付いた。「赤ちゃんや家族と一緒に楽しくサルサを踊って、家族の絆が深まれば―」。この経験から考案した「ベビーサルサ」は自身の育児普及活動の柱となる。

 ○…育休中から活動を始め、イベントや保育園でのベビーサルサ講師、講演会の登壇依頼を受けるように。より本格的な活動を目指し、12年にはパパ友らとNPO法人「全日本育児普及協会」を設立。翌13年度には市「パパスクール」事業を受託し、港南区地域子育て支援拠点「はっち」で開催。今年6月開講のパパスクールでも講師を務める。

 ○…男性が育児を積極的に行うきっかけとして「大変よりも楽しい、という面をPRしたい。社会的には法改正が鍵になる」と指摘する。男性の育休取得や時短勤務を職場が侵害する「パタニティハラスメント」問題の市民プロジェクトも今年4月に立ち上げた。自身は育児で価値観、想像力が広がり、人生が大きく変わった。「命の大切さを知ることが自分を成長させ、身近な人、世の中をも幸せにする」。その信念が活動への情熱に火を灯す。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク