港南区・栄区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

事故再現で怖さアピール 交通安全フェスティバル

社会

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 港南交通安全協会と港南警察署の主催で9月26日、港南交通安全フェスティバルが港南スポーツセンターで開催された。

 当日はプロスタントマンが交通事故を再現する「スケアード・ストレイト」のほか、白バイ体験乗車などのブースも開かれ、子どもから大人までが訪れた。

 スケアード・ストレイトでは、死亡事例の多い自転車事故を再現(=写真上)。見通しの悪い道路や傘を持ちながらの運転、2人乗りなど具体的に危険を示しつつ、事故の怖さをアピールした。「加害者にも被害者にもなってほしくない」と観客に向けてメッセージを送っていた。下永谷小学校3年の久保田陽翔(はると)君は「事故の衝撃がすごかった。交通ルールを守り、安全に気を付けて自転車を運転したい」と語っていた。

中学生が署長に

 この日、1日警察署長を務めたのは日限山中学校3年の石野秀一君。石野君は昨年度に行われた内閣府主催の交通安全ファミリー作文コンクールで佳作(内閣府政策統括官賞)に選ばれたことで白羽の矢が立った。

 「車が好き」と話す石野君。イベント中は終始緊張した様子だったが、「自動車の安全技術は向上していても、個人の意識が大切」と感想を語っていた。

 区内の事故発生状況は、昨年と比べて死亡事故は減っているものの、その一歩手前の重傷事故は増えている。また傾向として、午後4時から8時までの薄暗くなる時間帯や2輪車の事故が多いことや、地区では港南台が多いことなども報告されていた。交通安全協会の高森政雄会長は「命は2度と戻らない。死亡事故は自分も相手も両方の家族も不幸になる」と話し、交通安全を訴えていた。

敬礼する石野君(右から2人目)
敬礼する石野君(右から2人目)

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

ハマスタに響く 感謝の歌声

ラグビーW杯開幕

あす20日

ラグビーW杯開幕 スポーツ

栄公会堂でPVも

9月19日号

例祭で無病息災願い

例祭で無病息災願い 社会

下永谷神明社

9月19日号

県、ドローン社会実現へ一歩

県、ドローン社会実現へ一歩 社会

産学公連携のネットワーク始動

9月19日号

山北の森を体感しよう

山北の森を体感しよう 経済

11月10日 参加者募集中

9月19日号

22日に越中おわら節

上大岡地区

22日に越中おわら節 文化

恒例の町流しも

9月19日号

介護相談窓口を開設

横浜銀行

介護相談窓口を開設 経済

会員向けに新サービス

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク