港南区・栄区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

有人潜水調査船「しんかい6500」の司令として12月6日に丸山台小学校で講演する 櫻井 利明さん 野庭町在住 55歳

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

深海の世界を切り拓く

 ○…深度6500mまで潜ることができる有人潜水調査船「しんかい6500」の司令として世界の海を回る。潜航回数は431回を数え、講演会では「知らない人が多い深海の世界を伝えられたら」と意気込む。

 ○…商船の乗組員だった叔父の影響で、子どものころから「いつか船で世界中の港へ行ってみたい」と強い憧れを抱く。県立三崎水産高校(現・海洋科学高校)へ進学し、就職先を考え始めた頃に偶然手に取ったのが「しんかい2000」運航チームの求人チラシだった。「潜水調査船は、映画の『日本沈没』で観ていたからすぐにピンと来て。みんな潜水艦と思って手に取らなかったみたい」と笑うが、晴れて配属も決まり、1982年に初潜航した。

 ○…6500は世界の深海調査研究の中核を担っており、研究内容は地球内部のプレートの動きや深海生物の生態調査など多岐にわたる。「多分野の研究者と仕事ができるのも魅力」と話すが、「想定の100%の操縦ができることはほとんどない。80%以上できたときは達成感でいっぱい」というほど難易度の高い役割だ。調査前夜は興奮と操縦のシミュレーションで眠れないこともあるというが、「真っ暗闇の海中で、やっと海底が見えてくる瞬間が1番好き。いよいよ研究が始まる、という緊張感もある」。08年以降は司令として、母船から潜水調査の指揮をするほか、人材育成にも携わる。講演会で有人潜水調査の意義を伝えることは、深海の未来を切り拓く人材の確保にもつながる。「今の子どもたちが大人になるころには、構想中の『しんかい12000』の開発を実現するのが目標」。世界で深海調査の競争が激化する中、次世代船への期待も口にする。

 ○…年間180日は調査航海で自宅を離れる。「長年海に出て集中して仕事ができているのは、妻が家庭をしっかりと守ってくれるから」。未知の世界への期待と責任を胸に、心強い”母船”から深海に臨む。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

会田 一貴さん

4月から下永谷地域ケアプラザの所長に就いた

会田 一貴さん

東京都内在住 37歳

5月7日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月29日号

櫻井 清二さん

4月1日付で港南消防署の署長に着任した

櫻井 清二さん

57歳

4月22日号

栗原 敏也さん

4月1日付で港南区の区長に就任した

栗原 敏也さん

横須賀市在住 59歳

4月15日号

松本 光好さん

3月22日付で栄警察署の署長に着任した

松本 光好さん

保土ケ谷区出身 53歳

4月8日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter