港南区・栄区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

今年シンガーソングライターとしてメジャーデビューし、来年3月からはライブツアーを行う 桐嶋 ノドカさん 横浜市出身 24歳

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena

生きる実感 歌に込め

 ○…「歌っている時が、自分が生きていると一番感じる時」と目を輝かせる。現在は、来年3月から始まる自身初のワンマンライブツアーに向けて、曲作りに追われる日々だ。小柄な体からは想像できない力強い歌声が注目を集め、今秋には映画の挿入歌も担当した。歌手としてはミステリアスな雰囲気もありながら、終始にこやかで人懐っこい面も垣間見せる。

 ○…幼いころから音楽が身近にあった。テレビや幼稚園で童謡を耳にしては、いつも口ずさんでいたという。「小さいころから歌うことが好きで、共に歩んできた」。中学校では、心に決めていた合唱部に入り、加えて聖歌隊のメンバーにも。人と演奏する機会が増え、舞台で歌う楽しさを知った。「歌は能動的な芸術。人前で歌うことで、相手に直接エネルギーを投げかけられるし、反応も熱気としてすぐに伝わってくる」と歌が持つ力を口にする。

 ○…横浜で生まれ育つ。ライブなどで各地に赴くようになってから、横浜の魅力に改めて気づかされたという。「海と緑と街があって、歴史もあるところが好き」で、リラックスしたいときには山下公園通りなどを散歩する。「八景島近くの海辺を歩いていると、小舟が浮いている漁港の風景に出合うことも。やっぱり港町なのだなと感じる」。横浜スタジアムや横浜アリーナでのライブに憧れもあり、「『横浜を代表するアーティスト』の一人になれれば」と地元への思いも熱い。

 ○…好きな言葉は「大丈夫」。歌手になる夢を持った時から繰り返し自分を励ましてきた言葉だ。デビュー時に出したミニアルバムには3年をかけた。「周りからはだいぶ(時間を)かけたねと言われもしたけれど、自分にとっては地道な毎日の積み重ね」と振り返る。作品に込めるのは、自分の心の中で解決できないでいること。「この先の曲には、これからの自分とは何かを表現していきたい」と前向きな意思を笑顔で語った。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

川田 将之さん

この春から豊田地域ケアプラザ(栄区飯島町)の所長を務める

川田 将之さん

戸塚区在住 46歳

6月17日号

山崎 美奈子さん

監督・音楽を手がけた音楽劇「一獣一彩」を6月26日にあーすぷらざで公演する

山崎 美奈子さん

栄区東上郷町出身 41歳

6月10日号

白川 正信さん

来年4月に「栄区スポーツ協会」へと名称変更する栄区体育協会の会長

白川 正信さん

栄区飯島町在住 69歳

6月3日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

市内在住 21歳

5月27日号

臼井 瑞穂さん

港南区に館銘板を寄贈した日野石材工業協同組合理事長の

臼井 瑞穂さん

日野中央在住 57歳

5月20日号

金枝 洋平さん

今年4月に笠間地域ケアプラザの所長に就いた

金枝 洋平さん

藤沢市在住 44歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter