港南区・栄区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた 宇田川 悟さん 港南区野庭町在住 49歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

理容師ならではの癒しを

 ○…理容師として多年にわたり公衆衛生の向上に寄与したとして、県から優良衛生技能者表彰を受けた。日限山小学校の向かいで営む「ヘアーサロンUDAGAWA」は父・佳男さんの代から40年続く理容室として住民に親しまれてきた。「カットやシャンプー、顔剃りをして、お客さんが喜んで帰ったり、次の来店の時に『こないだ良かったよ』と言ってくれるのがいつも嬉しい」と笑顔で語る。

 ○…理容師団体・県理容生活衛生同業組合の南・港南支部で厚生部長と副教育部長を務め、店が休みの日でも講習会への参加や若手の指導に積極的に取り組んでいる。昔と今の指導方法の違いに戸惑いもするが、それだけに教え子が大会で好成績を収めた時の喜びはひとしおだ。また10年ほど前からはグループホームへの訪問も続けている。「次に会った時に覚えていなかったとしても、カットして鏡を見せるとすごく笑顔になる。それだけでも、嬉しくてやりがいになる」

 ○…父のほか、祖父と姉も理容師で、母は美容師。訪れた客をその腕で笑顔に変える姿に、幼い頃から憧れていた。日限山小、日限山中出身で、横浜高校では応援団で野球部の全国大会にも帯同し、3年時には副団長も務めた。「夏は角刈りにしないといけなかったけど、床屋の子でよかった」。大学に通いながら資格を取得し、4年間の修業後に実家の店に戻ってきた。父がしてくれたのと同じように、息子と娘にも小学校入学式などの節目には気合いが入ったという。長男も19歳になり、今は居酒屋に連れて行く日を楽しみにしている。

 ○…街には短時間・低価格な店も増えたが、「理容室でしか味わえない気持ちよさに、癒しの時間を感じてもらえたら」と語る。若者を中心に現在人気の「ツーブロック」などは「ぴしっと刈り上げたりするので、むしろ理容師の得意分野」と力を込める。「日々勉強しながら、ずっとこの仕事を続けていきたい」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク