港南区・栄区版 掲載号:2018年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

28日にひまわりの郷でラストコンサートを開く 柴田 恵津子さん 港南区上永谷在住 80歳

「感情が溢れ出すような舞台に」

 ○…「劇場で育ってきたから、やっぱり劇場が好き」。舞台俳優でもあり、港南区内では朗読教室を開き、またシャンソンの歌声も響かせる。「シャンソン〜それは人生の贈り物」と題し、最後のコンサートを28日にひまわりの郷(港南区上大岡西)で開く。かつて所属していた全国各地を回る劇団「新制作座」の仲間や知人もかけつける。「来てくれた人に満足してもらう楽しい舞台にしたい」と熱い意欲を語る。

 ○…今回の公演は「人生の贈り物」や「ミラボー橋」などのシャンソンを歌い、「葉っぱのフレディ」の朗読を教室の生徒と一緒に披露する二部構成。人生を深く歌う歌詞に惹かれてシャンソンを歌い続けてきた。朗読では、言葉を丁寧に発することを大切にしている。「せっかく来てくれるのだから、ちゃんとした舞台を届けたい」。表現者としてのプロの顔をのぞかせる。

 ○…舞台俳優を志したのは高校生の頃。市立南高校の2期生で、卒業間際に新制作座の劇に心を動かされて俳優を志す。22年間、舞台俳優として歌い踊ってきた。全国各地、さらには海外を飛び回り、時には小学校の体育館で一から舞台装置を作り公演を届けてきた。「子どもたちに本物の照明で劇場を味わわせてあげたかった」。どんなときでも一級品の舞台をおくる努力を惜しまない。「舞台には熱いものがあるの。私の青春よ」と思い出を振り返る。

 ○…80歳になった今でも、ボイストレーニングには月に一度通い、歌声に磨きをかけ続けている。「昔に比べて音域は狭くなったけれど、その分人生の味わいを聴かせられるように」とプロとして本番に向け稽古を続けている。「感情が溢れ出すような舞台にしたい」。劇場で歌う最後の公演へかける情熱が満ち溢れる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月21日号

安部 奈穂さん

この春から横浜市幼稚園協会の港南支部長を務める

安部 奈穂さん

6月14日号

三箇(さんが) 豊さん

5月19日に「栄区囲碁普及会」の会長に就任した

三箇(さんが) 豊さん

5月31日号

米山 潔さん

神奈川航空少年団の団長として「航空人」の人材育成に取り組んでいる

米山 潔さん

5月17日号

飯田 達郎さん

横浜公演が開幕した劇団四季『ノートルダムの鐘』の主役の一人を務める

飯田 達郎さん

5月10日号

味上(みかみ) 篤さん

4月から栄消防署の署長を務める

味上(みかみ) 篤さん

4月26日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク