港南区・栄区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

栄区 災害時の入浴支援で協定 田谷町の「湯快爽快」が提供

社会

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ岩本社長(右)と小山内区長(左)
協定を結んだ岩本社長(右)と小山内区長(左)

 栄区役所(小山内いづ美区長)と栄区田谷町で「野天湯元湯快爽快たや」を運営する株式会社神奈中スポーツデザイン(岩本健司社長)が、災害時に栄区民に対して同施設から飲料水や入浴の機会を提供する協定を結んだ。先月30日、栄区役所で締結式があった。

 同店は、天然の黒湯源泉と医療用炭酸泉が融合した「漆黒の炭酸泉」や洞窟塩サウナといった14種類の浴場とサウナがあり、約300人が入浴できるという。飲食施設やリラクゼーション施設、カットサロンなどを備えるほか、上水道を18トン備蓄できる大型タンクがある。

 今回、協定を締結した内容は、災害があった場合に栄区民に対し▽被災者などへの入浴機会の提供▽タオルなど入浴機会の提供時の消耗品の提供▽保有する雑用水の提供▽保有する飲料水の提供――することの4項目。被災した区民は無料で利用でき、市が負担する仕組みを導入した。

 栄区役所が災害時の飲料水や入浴機会の提供について民間企業と協定を結ぶのは初めてという。

被災者のストレス解消

 7月に発生した西日本豪雨の被災地では水道・ガス・電気が寸断された地域もあり、自衛隊が入浴施設を提供した。大阪北部地震では近隣の銭湯が被災者に無料開放する動きも広まった。

 被災地での入浴支援は衛生面だけでなく、被災者の精神安定やストレス解消の面でも大きな効果があると指摘されている。

 岩本社長は締結式で「地域の皆さんのご愛顧に応えたいという観点で今回協定を結んだ。被災された方やボランティアの方、様々な方にストレスや不便さを解消してもらうために利用してほしい」と話した。

 小山内区長は「区民の皆さんにとって、いざという時のストレス解消や安心感につながる。今回の協定締結は本当にありがたい」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

駐日大使と対話実現

港南区の高校生

駐日大使と対話実現 社会

コロナでオンライン活用

1月21日号

デジタル観光マップ公開

港南区

デジタル観光マップ公開 文化

ルート検索も可能に

1月21日号

粗大ごみ搬入ヤード新設

栄区上郷町

粗大ごみ搬入ヤード新設 社会

港南区の施設は終了

1月14日号

「緊急事態」に手探り続く

「緊急事態」に手探り続く 社会

地元各店、対応強いられ

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

3月から利用予約受付へ

港南公会堂

3月から利用予約受付へ 社会

供用開始は5月10日予定

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク