港南区・栄区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

9月3日付で神奈川県警察学校長に着任した 兼子 栄司さん 町田市在住 59歳

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena

寄り添うことで守る治安

 ○…栄区桂町の神奈川県警察学校に先月3日付で学校長として着任した。警察学校は警察官として現場に出る前に教育・訓練を受ける場だ。市民を守るのと同様、警察官は己の身も危険から守らなければならない。「様々な想定での訓練や厳しい環境も欠かせない」とする一方で、「いろんな仕事を選べる時代に警察官を目指しているだけあって、しっかりした子たちが多い」と頬を緩める。

 ○…学生や若手警察官に望むのは「人の痛みがわかる、寄り添うことができる警察官になること」。近年県下では振り込め詐欺の被害が後を絶たないが、「犯人逮捕はもちろんだが、例えば相談ごとを聞いたり、パトロールをして異常がなかったと伝えることも大きな安心につながるはず」と市民とのコミュニケーションの重要性を語る。

 ○…横浜市旭区出身。自身も約40年前には同校を巣立ち、「本郷台は当時と比べるとすっかり拓けた」と懐かしむ。その後も同校には県警の武道大会などでたびたび足を運び、20代の頃には逮捕術の特別訓練員として全国大会にも出場した。「あの頃が一番しんどかった。毎日へとへとで、道場には戻りたくなかったな」と当時を笑って振り返る。キャリアの中では挫折や試練も多かったが、「定年前の今になって、どの経験も自分を成長させてくれるものだったなと感じる」。そんな体験談を警察学校でも伝えている。

 ○…小田原署などでの署長時代は事件や事故がいつ飛び込んでくるか分からない緊張感が常にあった。今あるのは「種類の違う責任感」。休日には妻と庭でガーデニングを楽しむのが癒しの時間。愛犬のチワワは「かわいいけど、いうことは聞かない。教育は最初が肝心だね」。卒業後の警察人生を支えるべく、注意深くはじめの一歩を見守る。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

鑓溝(やりみぞ) 裕也さん

9月5日付で神奈川県警察学校長に着任した

鑓溝(やりみぞ) 裕也さん

栄区在勤 58歳

10月10日号

大河原 文勝さん

9月5日付けで栄警察署長に就任した

大河原 文勝さん

栄区在住 58歳

10月3日号

板垣 孝之さん

少年サッカー「野庭キッカーズ」の総監督として40周年を迎える

板垣 孝之さん

野庭町在住 75歳

9月26日号

野村 武さん

栄区在宅医療相談室を運営する栄区医師会の会長を務める

野村 武さん

栄区在住 58歳

9月19日号

橋本 昌幸さん

横浜市埋蔵文化財センターの所長として発掘調査や普及啓発に取り組む

橋本 昌幸さん

相模原市在住 59歳

9月12日号

角 祐一さん

創立30周年を迎えるさかえ男声合唱団の指揮者を務める

角 祐一さん

桂台南在住 75歳

9月5日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク