港南区・栄区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

ダイエー港南台店 食品特化の「イオン」に フードコートは500席に

経済

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena
装いも新たになったイオンフードスタイル港南台店(旧・ダイエー港南台店)
装いも新たになったイオンフードスタイル港南台店(旧・ダイエー港南台店)

 JR港南台駅前のダイエー港南台店が先月28日、健康や食に注力した「イオンフードスタイル港南台店」としてリニューアルオープンした。1階に地域最大規模となる500席のフードコートを備え、幅広い層の集客を図るねらいがある。

 ダイエー港南台店(港南台3の1の2/地上4階・地下1階)は1977年10月の開業以来、総合スーパーとして食品をはじめ、日用品や生活雑貨を取り扱ってきた。14年に食品売場を改装したが、15年に(株)ダイエーがイオン(株)の完全子会社となり、既存店は食品に特化した「イオンフードスタイル」への転換が進められている。

 港南台店のリニューアルでは直営の売場面積を4割縮減して19の新規テナントを加えるなど全フロアに渡り大幅に売場を刷新。新たにテックランド(ヤマダ電機)やダイソー(バラエティーショップ)、カーブス(フィットネス)などを加えた。さらに1階の大部分を「港南台キッチン」としてフードコートを拡大し、マクドナルド、丸亀製麺(うどん)や魁力屋(ラーメン)、リンガーハット(ちゃんぽん)などが軒を連ねる。

ファミリー層も

 今回の改装は30代〜40代を中心としたファミリー層の取り込みも1つのポイントだ。フードコートには小さな子ども連れの家族も利用しやすいような低い座席を用意し、4階のアミューズメントスペースも拡充して新たにインドアプレイグラウンド(有料)も設置した。

 同店の豊島英樹店長は「従来通りシニア層のニーズに応えながら、なかなか買い物にいけない家庭向けに冷凍食品や大容量のパックも充実させる。幅広い層を取り込んでいきたい」と力を込めた。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

「未来の形」官民で議論

野庭団地・住宅

「未来の形」官民で議論 社会

遊水地活用など議題に

10月21日号

プレミアム商品券を販売

本郷台駅前2商店会

プレミアム商品券を販売 経済

23日にはプロレスも

10月21日号

生徒と最後の展覧会

公田町刺繍教室

生徒と最後の展覧会 文化

主宰の藤森さん 40年に幕

10月14日号

町内会館で初の販売会

大久保最戸地区社協

町内会館で初の販売会 社会

障害者地域作業所と連携

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

子育て問題の映画上映

港南区主婦ら

子育て問題の映画上映 教育

10月16日 ウィリング横浜

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook