港南区・栄区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

「ティーンズクリエイション組織委員会」の代表として中高生のアート作品展を開く 泉 光太郎さん 栄区小菅ケ谷在住 23歳

直感を信じて行動を続け

 ○…中高生アートの発表の場として今年も「ワカモノアーツフェスティバル」が11月21日から栄区民文化センターリリスなどで開かれる。過去2回は芸術活動に取り組む市民団体の主催だったが、運営にも新たに若者を加えた。大学生ながら推薦を受け、代表として準備を進めている。「地域で活動している方々の人脈やノウハウは勉強になる。中高生のためのイベントだけど自分たちも育まれている感じがする」

 ○…今年の募集作品はジャンル不問とし、動画やパフォーマンスも受け付けている。「アートを難しく考えず、直感で良いと思ったものを大事にしてもらいたい」。一方で作品発表の場が「地域」であることの意義を強く意識している。「作品にふれた保護者や先生に、何かを感じてもらうということもねらいの1つ。どの作品も大人へのメッセージになるはず」

 ○…生まれ育った栄区が「大好き」だと口にすることをためらわない。町内会のソフトボールチームでは30〜40代に混ざって白球を追い、昨年4月からは地元の若者を盛り上げる目的で講座やワークショップを開いている。きっかけは、春日神社の御神輿だった。「よそから担ぎに来てくれた若者たちに『地元の奴がいないじゃないか』と指摘されたのがたまらなく悔しかった」。その思いで、「まずは行動」を幅広く積み重ねている。

 ○…すらっとした長身に爽やかな笑顔を見せる好青年は一方で、運営に関わる中高生から「いじられキャラ」として親しまれている。「東京に憧れる10代も多いと思うけど、地元にも魅力は多いと伝えたい」。試行錯誤の中でウェブメディアでの発信もしている。「誰もやらないようなことをやる『変人』でいい。固定観念や偏見にとらわれず、冒険を続けていきたい」

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

三間 修司さん

栄区囲碁連盟の会長として1月6日に第12回地域交流囲碁大会を開く

三間 修司さん

12月13日号

三村 梨紗さん

「日本音楽コンクール」トランペット部門で1位に輝いた

三村 梨紗さん

12月6日号

藤原 妙子さん

川崎市内を中心に小学校で「いのちの授業」を続ける

藤原 妙子さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

山川 岳芳(がくほう)さん(本名・篤子)

5周年を迎える栄区吟詠協会の会長として、あーすぷらざで17日に吟詠大会を開く

山川 岳芳(がくほう)さん(本名・篤子)

11月8日号

古城 都さん

宝塚歌劇団月組の元トップスターでディナーショーや後進の育成で活躍する

古城 都さん

10月25日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク