港南区・栄区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

新園舎をお披露目 移転の「つばさ保育園」

教育

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
つばさ保育園の新しい園舎と園庭(大久保1丁目)
つばさ保育園の新しい園舎と園庭(大久保1丁目)

 港南区大久保の「つばさ保育園」(大井和子理事長)が移転し、新園舎のお披露目の式典が18日に開かれた。地元住民や関係者、同園の職員ら約100人が参加し、念願の完成を祝った。

 施工を手掛けたのは、根本建設株式会社(港南区芹が谷/根本雄一社長)。設計は株式会社白川設計(中区/白川幹社長)ツーバイフォーの木造2階建てで床面積は491・85平方メートル。園庭は215・82平方メートル。屋根にトラス構造を用いたことで大きな室内空間を生むことができたという。

 同園を運営するのは「特定非営利活動法人きずなの会」。1994(平成6)年に保育が必要な保護者8組で任意団体を発足し、共同保育所を設置したのが始まり。97年に横浜保育室に認定され、2011年には分園を設置した。港南台つばさ保育園の運営も行っている。

 式典であいさつに立った大井理事長は「小さな認可外保育室からスタートし、当時は今とは違い、保育園が少なく、貸してくれるところも少なかった」と振り返り、「これまで協力してくれた人のおかげ」と参加者に感謝の念を示した上で「私たちに出来ることはないか、と考え続けてきた。保育の目標は子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うこと。その目標に向かってこれからも歩み続けていきたい」と話した。

 式典では同園の分園を自宅に併設し、運営を支援してきた田野井一雄市議もあいさつ。設計・施工に携わった根本社長と白川社長には感謝状が手渡された。

 根本社長は「建物を作るのは私たちの役割ですが、そこに魂を入れるのは職員の皆様。いつまでも地域から愛される建物になるといい」と話した。

大井理事長
大井理事長
地元の支援者らに見守られ、盛大にお披露目式が行われた
地元の支援者らに見守られ、盛大にお披露目式が行われた

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

出火率は最小

【Web限定記事】火災・救急概況

出火率は最小 社会

火災は前年より61件減少

1月28日号

おうちでバレンタイン

【Web限定記事】京急百貨店

おうちでバレンタイン 経済

2月5日から7階催事場で

1月28日号

夜景写真家の撮影秘話

【Web限定記事】

夜景写真家の撮影秘話 文化

あーすぷらざで2月13日

1月28日号

25回目の春の文化祭

【Web限定記事】栄区文化協会

25回目の春の文化祭 文化

2月15日からリリスで

1月28日号

子どもたちが果敢に挑戦

子どもたちが果敢に挑戦 スポーツ

港南区スポ協の体操教室

1月28日号

4月から運行開始

MMのロープウェイ

4月から運行開始 経済

運賃は1千円

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク