港南区・栄区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

栄区囲碁連盟の会長に6月2日に就任した 滝沢 隆さん 栄区桂台北在住 74歳

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

囲碁への恩返し

 ○…栄区は囲碁の世界で一目置かれる存在だ。栄区囲碁連盟、栄区囲碁普及会、日本棋院横浜栄支部などがあり、愛好者の裾野が広い。中でも1986年に発足した連盟は歴史が長い。その舵取り役に就任した。会員は現在、子どもからシニアまで約145人。幹事を務めていたこともあり、気負いはないという。「“こんなに楽しいことはない”ってほどの雰囲気をつくりたい」と満面の笑みを見せる。

 ○…「年齢を重ねると、好奇心を高めることが大切。囲碁が強くなりたくて腕試しに」と12年ほど前に連盟に入会した。会員のほとんどが段位者。囲碁大会の開催を通じて会員の技量向上を図り、交流と親睦を図ることが連盟の大きな役割だ。大会では会員同士の熱戦が繰り広げられるも、「大会が終わった後は必ずみんなで一杯やる。酒があるからみんなうまくいっているんじゃないかな」と笑い飛ばす。

 ○…北海道江別の出身で大学生まで道内で暮らした。大学卒業後はメーカー勤務で九州へ。商品開発・研究の部門で活躍し、全国各地へ転勤することも多かった。「上の立場になると、どうやらみんなからは邪魔だと思われるようだ」。50歳を前に関連企業の経営に携わっていた頃、仕事とは違う時間を作ろうと、囲碁に打ち込んだ。研究への情熱は次第に囲碁へも注がれるようになった。

 ○…「最善の手を突き詰めるのが囲碁。その場面で最善でも全体でみれば最善なのか、よくわからないのが囲碁の魅力」と今なお探究心は尽きない。おおらかな人柄もあって、囲碁を通じて多く人と出会い、その交流を広げてきた。「自分を育ててくれたのは囲碁かもしれない。これからは囲碁への恩返しだね」。持ち前の探究心と好奇心で滝沢流の舵取りが動き出す。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

丸塚 裕紹さん

このほど港南区獣医師会の会長に就任した

丸塚 裕紹さん

港南台在住 67歳

8月8日号

渡邉 一郎さん

6月20日付けで(公社)横浜南法人会の会長に就任した

渡邉 一郎さん

中区在住 61歳

7月25日号

須田 次朗さん

港南地区保護司会会長に就任した

須田 次朗さん

野庭町在住 71歳

7月18日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月11日号

中本 道生さん

永谷の昔を伝える「永谷ふるさと村」の事務局長を務める

中本 道生さん

上永谷在住 71歳

7月4日号

苗村 光彦さん

日野の郷土史「わがまち 横浜の日野」を自費出版した

苗村 光彦さん

日野南在住 79歳

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク