港南区・栄区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

ダイエー 港南・栄で移動販売開始 高齢化団地など重点的に

社会

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
商品を買い求める利用客
商品を買い求める利用客

 イオンフードスタイル港南台店を展開する(株)ダイエーが11月13日、港南区の県営日野団地で同社として全国初の移動販売を始めた。15日には栄区の西ヶ谷団地でも開始し、実店舗へ行くことが困難な住民の支援や交流の場づくりを通じた見守りにつなげたい考え。

 移動販売は地域からのニーズを受けた港南区社会福祉協議会が今年4月に同社に打診したのがきっかけ。同社は40年以上、港南台駅前に店を構え、地域に親しまれてきたこともあってこれを快諾し、実現に至ったという。また同店は栄区民の利用者も多いため、栄区社協とも連携を図って両区での移動販売に向けて準備が進められてきた。

 両区社協が自治会に希望を募った後、住民ニーズを聞いて販売品目や曜日、時間を決定。港南区内10カ所を週2回、栄区内2カ所を週1回ずつ巡回することとなった。

 栄区での移動販売初日となった15日、販売車が音楽を鳴らしながら西ヶ谷団地内を周回して集会場に到着した。商品はすべて店頭販売と同価格で、移動販売の手数料として商品1点につき10円、5点以上は一律50円という仕組みとしている。販売開始とともに住民らが思い思いに買い物を楽しみ、また住民同士でおしゃべりを楽しむ姿も見られ、交流の場ともなっている様子だった。

 地元住民によると、近隣にもスーパーもがあるものの、坂の上り下りがあるため、重い物を買って帰るのは高齢者には難しい状況だったという。

 上郷西連合町会の黒木さち子会長は「継続していくことが大事。購買が減っていけば移動販売がなくなってしまうこともありえるが、続けることができれば可能性は広がっていく」と話した。

 また西ヶ谷団地自治会の佐藤陞会長は「買い物に出てきて住民同士顔を合わせることが、交流やお互い見守りにもなる」と期待を込めた。

葬儀相談・見学会開催

意外と知らない葬儀のあれこれ、まずは相談してみよう‼

https://www.keikyu-memorial.com/hall/kaminagaya/index.html

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

サイエンス部が県表彰

横浜栄高

サイエンス部が県表彰 教育

校外活動に「アクティブ賞」

2月20日号

まち自慢冊子を刷新

港南区

まち自慢冊子を刷新 社会

区内各所で無料配布

2月20日号

移動販売で買物困難解消

笹下台団地

移動販売で買物困難解消 経済

セブンイレブンが出張

2月13日号

「子育てに優しい街を」

港南子育て連絡会議

「子育てに優しい街を」 教育

17日、上大岡でフォーラム

2月13日号

改修工事で休館へ

港  南スポセン

改修工事で休館へ 社会

4月1日から来春まで

2月6日号

一般会計6年ぶり減

横浜市20年度予算案

一般会計6年ぶり減 経済

IRや新劇場は増額へ

2月6日号

5年連続で全国へ

日野タグラグビーC

5年連続で全国へ スポーツ

チーム一丸で「初優勝を」

1月30日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク