港南区・栄区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

ダイエー 港南・栄で移動販売開始 高齢化団地など重点的に

社会

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
商品を買い求める利用客
商品を買い求める利用客

 イオンフードスタイル港南台店を展開する(株)ダイエーが11月13日、港南区の県営日野団地で同社として全国初の移動販売を始めた。15日には栄区の西ヶ谷団地でも開始し、実店舗へ行くことが困難な住民の支援や交流の場づくりを通じた見守りにつなげたい考え。

 移動販売は地域からのニーズを受けた港南区社会福祉協議会が今年4月に同社に打診したのがきっかけ。同社は40年以上、港南台駅前に店を構え、地域に親しまれてきたこともあってこれを快諾し、実現に至ったという。また同店は栄区民の利用者も多いため、栄区社協とも連携を図って両区での移動販売に向けて準備が進められてきた。

 両区社協が自治会に希望を募った後、住民ニーズを聞いて販売品目や曜日、時間を決定。港南区内10カ所を週2回、栄区内2カ所を週1回ずつ巡回することとなった。

 栄区での移動販売初日となった15日、販売車が音楽を鳴らしながら西ヶ谷団地内を周回して集会場に到着した。商品はすべて店頭販売と同価格で、移動販売の手数料として商品1点につき10円、5点以上は一律50円という仕組みとしている。販売開始とともに住民らが思い思いに買い物を楽しみ、また住民同士でおしゃべりを楽しむ姿も見られ、交流の場ともなっている様子だった。

 地元住民によると、近隣にもスーパーもがあるものの、坂の上り下りがあるため、重い物を買って帰るのは高齢者には難しい状況だったという。

 上郷西連合町会の黒木さち子会長は「継続していくことが大事。購買が減っていけば移動販売がなくなってしまうこともありえるが、続けることができれば可能性は広がっていく」と話した。

 また西ヶ谷団地自治会の佐藤陞会長は「買い物に出てきて住民同士顔を合わせることが、交流やお互い見守りにもなる」と期待を込めた。

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter