港南区・栄区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く なかむらしげこさん 港南台在住 70歳

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

歌で繋がる「人生の輪」

 ○…シャンソン歌手として都内や県内各地のステージに立ち続けて今年で20年。節目として今月23日には、横浜の崎陽軒本店で食事付きのバースデーコンサートを開く。今まで活動を続けられたのは自身の努力だけでなく、人との縁だという。「出会った人たちに引っ張ってもらい、大きな舞台にも立てた。ひとつひとつが繋がって『人生の輪』になっている」

 ○…フランス語で歌を意味する「シャンソン」は日本ではフランスの歌謡曲を指し、『さくらんぼの実る頃』など100年以上も前の楽曲が今なお親しまれている。本場のフランス語で歌う方法もある中、特に日本語詞の歌にこだわってきた。「やっぱり歌の内容をしっかり届けたいから。翻訳家が込めた心意気にも応えたい思いが強い」

 ○…香川県出身。実家近くには現存する中で日本最古の芝居小屋「金丸座」があり、母や叔母から日本舞踊を学んで育った。もともと人前で歌うことは好きだったが、シャンソンとの出会いはそこから時を経て子育ても一段落した頃。宝塚歌劇団出身の深緑夏代さんに惚れ込み、コンサートの楽屋に押しかけて直談判で弟子入りを果たした。「私の真似ではなく、原曲を聴きなさい」と時に指導は厳しかったが、「とてもかわいい人で、レッスン後に一緒に飲みに出掛けるのが楽しみだった」と懐かしむ。

 ○…港南台第三小、第一中、港南台高校(当時)のPTA役員を務め、会社員としても働きながら2人の息子を育てあげた。多忙な中だったが「音フェスタ港南台」など地域イベントでのステージも大切にしてきた。「『レッスン』ではなく、歌を通じた健康づくりなどでも地域に貢献していけたら」。歌が繋ぐ新たな人たちと出会いに、期待を膨らませる。

介護施設の紹介はハピネス

入居時の身元保証は一般社団法人 高齢者住宅支援機構へ

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 80歳

3月26日号

杉山 静枝さん

港南区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

杉山 静枝さん

日野南在住 72歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

坂巻 貴彦さん

プロピアニストとして国内外で演奏活動を行う

坂巻 貴彦さん

上大岡出身 28歳

2月27日号

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク