港南区・栄区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

こうなん文化交流協会会長として港南区区民文化祭を開催した 生川 春枝さん 日限山在住 

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

17音に『命』込め

 ○…「発表の場がない人やイベントに出たい人が大勢いたので、開催してよかった」。感染者数の減少もあり港南区区民文化祭を2年ぶりに実施し、胸をなでおろす。音楽、美術、民謡舞踊、吟剣詩舞、茶道、華道、ダンス、文芸の各部会をまとめあげた。「8部会の和合をもって、日本の伝統文化を育み、子どもから大人までが楽しめる文化活動を継承したい」と港南区民の生活に彩りを添える意気込みだ。

 ○…文芸部会の会長も兼任し、こちらは10年目となる。港南区内での主な活動は小学校へ出前授業を実施。国語で「季節の言葉」を児童が学ぶ時に外部講師として『五・七・五』の17音に命を込め、「俳句」の季語などを優しく説明する。また、小学生俳句コンクールを文化祭内で実施。「子どもは私が思いつかないような俳句を作る」と自分自身の創作にも役立っているようだ。

 ○…東京都豊島区出身。母親は昭和を代表する歌人、宮柊二氏の弟子の一人で、日常に和歌や短歌が溢れていた。結婚を機に日限山へ。近所に俳句の先生がおり20代後半から俳句を学んだ。教室では次男を寝かしつけながら作品を詠み、「当時の俳句ノートには子どもの落書きがある」と嬉しそうにほほ笑む。買物中や出先でも風景や花、緑、動植物を観察しメモを取るという。月1回程開催する吟行会でも、その観察眼が生きている。

 ○…「ご飯を食べなくてもずっとできる」。生地と生地を縫い合わせてバッグや袋を作るパッチワークが趣味だ。「自宅の玄関マットも作った。俳句より好きかもしれない」と少女のような笑顔を見せた。今後の会については「地域を豊にする文化の向上とともに、個々が楽しむ文化から交流する文化へ発展させたい」と活動を推進する。

2月5日(土)税の無料相談会

13時30分~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

本荘 安宏さん

老人福祉センター「蓬莱荘」の所長として3年ぶりに大浴場の利用を再開する

本荘 安宏さん

青葉区在住 62歳

1月20日号

森 博子さん

「港南台 街&暮らし白書づくりプランナーズ会議」の代表としてこのほど白書を完成した

森 博子さん

港南台在住 77歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

1月1日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

守 民夫さん

芹が谷やまゆり園の園長としてこのほど新園舎への移転を完了した

守 民夫さん

港南区芹が谷在勤 50歳

12月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook