中区・西区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

東京バレエ団に所属し、7月20日、21日に行われる横浜ベイサイドバレエに出演 斎藤友佳理(ゆかり)さん 港南区在住 44歳

バレエで目指す「芸術の街」

 ○…赤レンガ倉庫に巨大な野外ステージを設置して行われる横浜ベイサイドバレエ。ダンスの祭典「Dance Dance Dance@ YOKOHAMA 2012」のオープニングを飾るこのイベントに、東京バレエ団のプリンシパルとして、そしてハマっ子の一人としてカルメン役で出演する。

 ○…「私の内にあるものを何かの手段を通じて外に出したかった。その手段がバレエだった」と踊りに人生をかけてきた。昨年の横浜文化賞を始め、名誉ある各賞を受賞し、世界各国で公演を続けるが、カルメンは、今は亡き世界的振付家アルベルト・アロンソ氏に直接指導してもらった特別な作品。舞台の上で「自由奔放なカルメンの半生を生きる」と女優としての一面を見せると共に、バレエの魅力を伝えることに意欲を燃やす。「バレエは特別な人がやっている芸術ではありません。言葉なく演じる感情表現。音楽や振り付け、衣装、構成、演出をその場で感じ取ってもらえたら」

 ○…国内外の洗練された街と比べると、横浜は芸術文化の醸成という面で今一つと感じていたという。金沢区生まれ、港南区育ちの”生粋のハマっ子”ゆえに「それが辛かった」と苦笑い。だからこそ今回にかける思いは熱い。「横浜が『芸術の街』となるためのスタートライン。それに携われることに感謝したい。このために今日まで現役で踊ってきたんだと思うくらい」。横浜愛を真剣な眼差しで語る。

 ○…今も家族が住むモスクワと日本を行き来する生活だが、毎朝のレッスンは今でも欠かさない。一方でモスクワ舞踊大学院を2年前に卒業し、指導者の資格も得るなど、若手や子どもへの指導に力を入れ始めた。芸術文化への補助が少なくなる風潮にも「数字だけの世界ではだめ。感性や創造力の豊かさ、それが人間の原点だから」ときっぱり。「子ども達が絵を見て、音楽を聞いて、舞台を見て、そういうチャンスを与えてあげたい」。そう話して微笑んだ。
 

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク