中区・西区版 掲載号:2015年6月4日号
  • googleplus
  • LINE

舞台化されることが決まった小説、『黄金町パフィー通り』原作者の 阿川大樹(たいじゅ)さん 西区みなとみらい在住 61歳

「自分の力で世の中変わる」

 ○…「舞台化は原作者として嬉しいし、楽しみ。作品が自分の手から離れると思うと怖いけど、社会の中でどう変化するか、わくわくする」と笑顔を見せる。同作は黄金町を舞台に、違法風俗街がアートの街に変わっていく様子を地域の人々などへの取材を参考に描いたもの。

 ○…横浜には約20年前に引っ越してきた。黄金町の存在を知ったのは2000年頃、偶然散歩をしたときだ。「不思議な雰囲気の街で、気がかりだった」。街に引き寄せられるように09年から黄金町に事務所を構える。地域の人に話を聞くと、地上げ屋が住民に相場よりも高く土地を買い取る交渉をし、昔から住む人は、いつ両隣が違法風俗店になるか、戦々恐々としていたそう。「自分が黄金町を故郷とする住民の立場だったら、切ない気持ちになる。その事実を知った小説家として、書く使命がある」と、いつか作品にしたいと思っていた。

 ○…出身は東京都。父が商社に勤めていた関係で、子どもの頃は引っ越しが多かった。「父はほとんど家にいなかった」というが、「僕の議論には深夜1時から明け方まで付き合ってくれた。人間とは何かとか、政治の話とか。自分の頭で考える力が養われた」。東大を出てからは、半導体の技術者としての道を18年歩んだが、中学生の頃からの小説家という夢を捨てきれず、挑戦。96年に会社を辞め、「500万の貯金が150万になったらやめよう」と、ベンチャー企業の社外取締役を務めながら、出版社に原稿を送る日々を過ごす。05年に奮闘するエンジニアを描いた『覇権の標的』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞を受賞し、小説家デビューした。

 ○…年収は会社員時代の10分の1程度だというが、「やりたいことができているので、幸せ。環境のせいにしないで、自分の力で世の中を変えられるということを作品を通して描きたい」と笑顔で話す。

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク