中区・西区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

(PR)

旧耐震の木造住宅耐震改修 横浜市 補助金30万円増額中

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は1981年5月以前に建築確認を受けて着工した旧耐震の木造住宅について、耐震化の促進に取り組んでいる。

 市内には旧耐震の木造住宅が多く、過去の地震の被害状況からも耐震化をより一層進める必要がある。そこで、市民の耐震化の検討を後押しするため、2018年度末までに工事が完了する場合に限り、限度額75万円(非課税世帯は115万円)の耐震改修補助を30万円増額。限度額を105万円(非課税世帯145万円)に引き上げている。

※申請締切は9、10月頃を予定

 そのほか、市は無料又は一部有料で耐震診断を実施。また、地震時の被害軽減への取組みとして、建物倒壊から命を守る防災ベッド等の設置にも補助を行う。限度額は防災ベッド、防災テーブルが10万円、耐震シェルターは30万円。耐震改修工事が難しい場合など、市はこうした比較的簡易な地震対策も推奨している。

エコリノベーション補助制度との併用も

 市は耐震化と併せて省エネ住宅の普及促進にも取り組み、断熱改修などの省エネ改修工事への補助制度を実施。耐震改修工事と省エネ改修工事を併せて行う場合に、両方の補助制度を併用できる。省エネ改修補助制度の限度額は最大80万円。
 

横浜市建築局建築防災課

神奈川県横浜市中区相生町3-56-1 JNビル12階

TEL:045-671-2943

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/kenbou/bousai/bousai/mokutai/mokukaishu/

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6

借地権売却と進む高齢化

教えて!右手代表㊲

借地権売却と進む高齢化

6月10日号

横浜元町教室が開校

1コインで学べる着付け

横浜元町教室が開校

「無料体験」受付中

6月10日号

人も環境も輝くユニフォームを

SDGsの達成目指し

人も環境も輝くユニフォームを

株式会社ダイイチ

6月10日号

熱需要に応える設備導入

MM21熱供給第6回

熱需要に応える設備導入

取材協力/開発計画部 内田さん、堤さん

6月10日号

相続・遺言・贈与の相談会

相続・遺言・贈与の相談会

開港記念会館で予約不要

6月10日号

2つの終活セミナー開催

ラステル久保山

2つの終活セミナー開催

「生前整理のいろは」「遺言と家族信託」

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter