中区・西区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

10年以上続く「アフリカンフェスティバルよこはま」の実行委員会代表を務める コフィ エドウィン マテさん 西区岡野在勤 59歳

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

日本とアフリカの懸け橋に

 ○…ガーナから来日して28年。「今年でカンレキです」と笑顔を見せる。自身が立ち上げ、毎年4月に赤レンガ倉庫で開催される「アフリカンフェスティバルよこはま」は今回が12回目。市内の小学校で国際理解の講師を務めていたこともあり、「アフリカと日本の文化交流のきっかけになれば」と始まった。今年は横浜で6年ぶりにアフリカ開発会議(TICAD7)も開かれる。「アフリカへの関心が高まるのは良いこと。もっと距離を近づけたい」と熱を帯びる。

 ○…10代の頃に続けていたのが、高知に住んでいたペンフレンドとの文通。見たことのない桜の話や木でできた建物の話…極東の未知の国への興味が高まった。初めて買ったテレビも車も日本製。タイヤ交換の時には「ヨコハマタイヤが良いぞと言われた」。渡航費を貯め、念願の日本にやってきたのは32歳の時だった。

 ○…当時の日本では、アフリカのことは今ほど知られていなかった。ガーナでは日本製の商品があふれていたが、日本でガーナのものは売っていない。「日本人はガーナのことを良く知らないのでは?」そう思って西区岡野にアフリカ雑貨店「アフリキコ」を開店した。今でも年に1〜2カ月はガーナを訪れ商品を仕入れる。アフリカ製のものを売ることで、現地の生産者の生活に寄与したいとの思いからだ。

 ○…”カンレキ”を前に2つの目標を定めた。ひとつは横浜に、アフリカのことを学べる博物館を作ること。もうひとつは故郷ガーナに学校を作ることだ。自身は大学まで進学できたが、まだまだ学校の数が足りず家から長時間かけて通う子も多いという。「教育が一番大切。勉強ができたらいろいろなことが変わってくる」。遠く離れた異国の地で、懸け橋となり活動する自分のように。

中区・西区版の人物風土記最新6

團藤丈士(だんどうじょうじ)さん

横浜地方裁判所長に12月15日付で就任した

團藤丈士(だんどうじょうじ)さん

日本大通在勤 62歳

1月28日号

土屋 トカチさん

1月30日にオンライン上映会が行われる『アリ地獄天国』を撮った映画監督

土屋 トカチさん

中区長者町在勤 49歳

1月21日号

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

戸塚区出身 18歳

1月14日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

小畑 光さん

山手警察署管内の交番の歴史を伝えるパネル展を企画した

小畑 光さん

中区本牧宮原在勤 33歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク