中区・西区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

ベイスターズ発で関内に新たなアイデア 「ネクストボールパークミーティング」

スポーツ

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
第1回の様子。アイデアを発表する参加者たち
第1回の様子。アイデアを発表する参加者たち

 横浜DeNAベイスターズが昨年末から始めた参加型のディスカッションイベント「ネクストボールパークミーテイング(NBM)」。公募参加者と横浜スタジアムを含む関内の街づくりのアイデアを出し合う内容となっている。

 親会社のDeNAではスポーツの力で横浜の街に賑わいを作る「横浜スポーツタウン構想」を2017年から掲げている。今回のNBMはハマスタの中と外、試合のある日とない日を組み合わせた4つのケースで、球場の活用法や球団が関われる街づくりのアイデアなどを議論しあうもの。

 昨年12月に行われた初回は「スタジアム外×試合のない日」がテーマ。40人の参加者はファンを中心に、スポーツビジネスに興味のある人や近隣住民と様々だ。8つのグループに分かれ、球団職員と一緒にアイデアを議論。まとめたものを各グループで発表し、球団幹部やスポーツビジネスの専門家が講評した。

 この日挙がったアイデアは「ハマスタを本塁に見立て、街全体を一つの野球場として周遊してもらう」「周辺の飲食店で過去の人気試合を同時上映する」「自動運転のスターマンバスで関内外をつなぐ」など独自性あふれるものばかり。スタジアム近隣に住んでいるという40代の男性参加者は「試合のない日は街の雰囲気も違う。こうした取り組みが実現して、関内の街も盛り上がってほしい」と話した。

 中には「さっそく取り入れましょう」となったアイデアも。横浜DeNAベイスターズの木村洋太副社長は「こんなにアイデアが出てくるとは思わなかった。関内の街が良くなっていくことで、最終的にファンにとっても自分たちの観戦環境へ還元される。定期的にやっていくべきと感じました」と語った。

 1月26日には第2回として「スタジアム内×試合のない日」をテーマに実施(申込は終了)。残る2つのテーマも順次開催予定。

中区・西区版のローカルニュース最新6

「横浜の体験」を返礼品に

市ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月1日から23品目追加

2月13日号

銀幕で歌丸師匠に再会

銀幕で歌丸師匠に再会 文化

シネマリンで出演作上映

2月13日号

西区、街の名人達人集合

お腹の赤ちゃんに音楽を

マタニティコンサート

お腹の赤ちゃんに音楽を 社会

3月31日かなっくホール

2月13日号

県内SDGs企業がずらり

県内SDGs企業がずらり 経済

マッチング狙い見本市

2月13日号

「いただきます」に学ぶ

根岸小

「いただきます」に学ぶ 教育

料理人が命の授業

2月13日号

春の新製品プレゼント

ニコニコのり

春の新製品プレゼント 社会

読者抽選で5人に

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銀幕で歌丸師匠に再会

銀幕で歌丸師匠に再会

シネマリンで出演作上映

2月15日~2月21日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク