中区・西区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 33 暗渠(あんきょ)となった千代崎川

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena
右側の高くなった道路の下に暗渠となった千代崎川があります
右側の高くなった道路の下に暗渠となった千代崎川があります

 たくさんの小川と合流しながら、本牧を流れていた千代崎川。現在は暗渠(あんきょ:地下水路のこと)となり、その水面を見ることはできませんが、かつては本牧の田畑を潤していた水源でした。横浜が開港場となったことで、近隣の本牧も急速に都市化され、姿を変えていきましたが、千代崎川はいつも本牧の風景の中で静かに流れ続けていました。

 日本が高度経済成長期となり、東京五輪開催に向けて急速な都市整備が進んだ昭和30年代。水洗トイレが普及し始め、生活排水も増加し、地面がアスファルトで覆われたことで雨水も行き場を失い、これまでの下水設備では排水処理ができなくなりました。首都圏のたくさんの小川は蓋がされ、暗渠となり、下水道に転用されていきました。そうして豊かで快適な生活と引き換えに、川がある原風景は姿を消していきました。

 しかし、暗渠の上は生活道路となっている場合が多いので、曲がりくねった道や、車が通れないような細い抜け道に、今もかつての川の痕跡を見つけることができます。また、川の水は高いところから低いところへ流れていきますので、暗渠となった路面にも川底の極僅かな傾きを感じることもできます。そんな視点で、千代崎川やその沿岸を歩いてみると、意外なところに、新しい小さな発見があるかもしれません。次回は、千代崎川沿いから、また本牧通りへと戻っていこうと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

横浜開港と感染症との闘い上下水道と「共助」の始まり

本牧 気まぐれ歴史散歩 番外編(2)

横浜開港と感染症との闘い上下水道と「共助」の始まり

横浜疫病史から

4月30日号

横浜開港と感染症との闘い

本牧 気まぐれ歴史散歩 番外編(1)

横浜開港と感染症との闘い

横浜疫病史から

4月23日号

【1】「リーグ開幕白紙を受けて」

地域クラブYSCCのいま 理事長コラム

【1】「リーグ開幕白紙を受けて」

【web限定記事】

4月23日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月19日号

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

本牧 気まぐれ歴史散歩 33

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

3月5日号

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

本牧 気まぐれ歴史散歩 32

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月30日8:12更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日18:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月28日14:57更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク