中区・西区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 36 「箕輪薬師堂地域で護り継ぐ堂と像」

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena
箕輪薬師堂にて(2017年8月撮影)。早くまたこの日常が戻りますように
箕輪薬師堂にて(2017年8月撮影)。早くまたこの日常が戻りますように

 江戸期に本牧領と呼ばれていた地域は現在の5つの区にまたがり、その中心地が本牧本郷村という村でした。現在、一般的に「本牧」と呼ばれている場所にあたるところです。江戸初期から本牧本郷村の中は、さらに6つの村(小名・小字)に区分されていて、箕輪もその6つの村の中の1つでした。箕輪という地名は約400年の歴史があるのです。

 現在、その箕輪と呼ばれている地域は、本牧町二丁目の一部となっていますが、その地域の路地に、箕輪薬師堂があります。薬師堂の中には、美しい薬師如来像(非公開)が安置されており、今も地域の方々が大切に護り継いでいます。かつては地域ごとで護り継いできた神仏や信仰を拠り所とする「講」という組織を作り、お互い助け合いながら日常を過ごしていました。特にその信仰に由緒ある日は神仏との縁がより深まるとされた、いわゆる縁日として、みんなで集まって祈りをささげ、地域の人々の絆を深めていました。

 災害や疫病は昔も今も人々の身体と心を傷つけます。しかし、そうした苦難に出遭った時にも、日頃から地域の人々が心と心を通わせ、絆を深め、助け合ってきたからこそ、いざというときも一緒にその苦難を乗り越えることができたのではないかと感じます。箕輪の方々が日頃から堂と像を護り継ぐ活動は、その原点の1つなのかもしれません。次回は、箕輪谷戸から丘を登っていこうと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

『リング』貞子と本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 38

『リング』貞子と本牧

10月22日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月22日号

「横浜港の活性化に一役」

トップインタビュー

「横浜港の活性化に一役」

株式会社ポートサービス 井上 茂常務取締役 

10月1日号

「エネルギーの安定供給に使命感」

トップインタビュー

「エネルギーの安定供給に使命感」

東京ガス株式会社 神奈川支社 小和田 祐子支社長 

9月17日号

大谷嘉兵衛 日本茶輸出を支え茶聖と呼ばれた人

本牧 気まぐれ歴史散歩 37

大谷嘉兵衛 日本茶輸出を支え茶聖と呼ばれた人

9月10日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク