中区・西区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

ビートルズチャリティーライブイベントを主催する 戸谷 章子さん 中区北仲通在住 61歳

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

音楽通じて子ども支援

 ○…「ビートルズの音楽を通じて、世界のたくさんの子どもたちに支援を届けたい」とビートルズを愛するバンドや研究家、子どもたちが集うチャリティーイベントを主催。コロナ禍の中、市役所特設会場から11月28日に世界配信を予定しており、クラウドファンディングで寄付を呼びかける。「どうにか開催にこぎつけた」と笑顔。

 ○…中学1年生のとき、ビートルズに出会った。きっかけは友達が持ってきたレコードだ。流れる音楽やビデオクリップ、ジャケット写真の斬新さに惹かれた。そこから中学生の友達とアコースティックギター片手にフォークバンドを組み活動するなど、学生時代は趣味を謳歌した。

 ○…高校生で東京から横浜へ移住。大学で出会った夫と23歳で結婚し娘3人に恵まれた。子育てに熱中しあらゆる本を手に取って養育に生かしてきた。そのノウハウで10年前から幼児・小学生を対象に学習塾を立ち上げ、現在も多くの児童を有名校へ導く。今年からは、花咲町で児童発達支援を目的とした療育事業もスタートさせた。

 ○…子育てが落ち着き、ビートルズのトリビュートバンドを結成。全国各地のライブハウスで演奏し、彼らを愛する多くの人に出会った。2年前に夫が他界。悲しみに包まれるなかで『ディア・プルーデンス』という曲を演奏する機会が増えた。「小屋に引きこもる彼女を外へ連れ出そうとジョンが呼びかける曲」と説明し、「今前を向けているのは、この曲に救われていたんだと思う」と振り返る。

 ○…昨年から始めたチャリティーイベント。目玉は子どもたちが主役の異文化交流だ。「横浜と世界の子どもたちが歌で繋がる瞬間をぜひ楽しんでいただければ」と呼びかける。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://www.fukushima-naoko.info/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6

村野 美和子さん

「街の先生」として中区の障害者施設とローズキャンドルを制作した

村野 美和子さん

中区本郷町在住 50歳

6月24日号

宿本 諒太さん

中区本牧が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月17日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月18日18:51更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:12更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter