中区・西区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

西区第3地区 移動支援バスのHP(ホームページ)完成 プロボノと連携

社会

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
プロボノとオンラインで話し合う実行委。中央は笠原委員長
プロボノとオンラインで話し合う実行委。中央は笠原委員長

 西区第3地区で昨年4月から運行している移動支援バス「おでかけ3(さん)」を紹介するホームページ(HP)が、このほど完成した。仕事で培ったスキルを生かす社会貢献ボランティア・プロボノ4人が1カ月ほどかけて制作。同バスを運営する実行委員会では、このHPを通して、高齢者に限らず幅広い世代に周知したいとしている。

 おでかけ3は、山坂が多い第3地区(浜松町・藤棚町・久保町・東久保町・元久保町)で、買い物や通院への活用を目的に地域住民と障害者施設の連携により誕生した。

 相鉄線西横浜駅駅前の障害者支援施設「生活創造空間にし」が提供する車両(バン)を活用し、毎週水・金曜日(1日4便)に運行。藤棚商店街と東久保町や藤棚県営アパートなどの住宅地、また聖隷横浜病院=保土ケ谷区=など8停留所を巡る。乗車1回につき30円。

 試行運転から含めると3年目となるおでかけ3。現状は利用者名簿に65人の登録があるものの高齢の利用者が多いため、実行委員会では子どもから大人まで誰もが利用してもらえるように、この活動を周知しようとHP作成を検討。そこで横浜市のプロボノプロジェクト「ハマボノ」に依頼した。

現役IT関係者が制作

 HP制作を担当したのはハマボノに登録するボランティア4人。IT関連の企業などで働くプロフェッショナルたちだ。

 10月末からプロジェクトをスタートさせ、実行委員会へのヒアリングなども行い、11月28日に生活創造空間にしでお披露目。委員からは第3地区の「3」の表記を漢数字にするか算用数字にするか、また団体紹介の順番や色味など、地元ならではの細かな指摘が寄せられたという。制作リーダーを務めた小川淳さんは「皆さんの熱い思いが伝わってきた」と話す。また、制作に参加した中島俊春さんは、完成したHPについて「おでかけ3のアーカイブ(活動記録)の一助になれば」と期待していた。実行委によると、今後、HPの更新は第3地区内の障害者作業所に依頼する予定。

 笠原實実行委員長(83)は、「人とまちをつなぐことがおでかけ3の目的。HPでこの活動を広く知ってもらえたら」と話していた。実行委は、住民や藤棚地域ケアプラザ、生活創造空間にし、西区社協などの職員ら18人からなる。

完成したHPはこちらから
完成したHPはこちらから

中区・西区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

「外で働く」を体験

「外で働く」を体験 経済

産官学、MMで試行

4月15日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter