中区・西区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

コンビニでも「横浜ビール」 中区の会社 初の缶商品化

社会

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
念願の缶ビールを手に笑顔を見せる同社の横内さん
念願の缶ビールを手に笑顔を見せる同社の横内さん

 中区住吉町にあるクラフトビールメーカーの(株)横浜ビール(高橋智己代表取締役)が、12月22日から同社初となる缶ビールを販売する。県内のコンビニエンスストアを中心に出荷され、地元に愛されるビールを目指す。

 1999年創業の横浜ビールは、ビール文化発祥の地・横浜にあるクラフトビール会社として、一番古くからある醸造所。1つ1つの工程を醸造士が手作業にこだわってビール造りを行うほか、横浜の水源地である道志村の湧水や、瀬谷産小麦、綱島の桃を原材料に使うなど、地域の生産者や飲み手との関わりを大切にしてきた。

 これまで直営レストランなど飲食店での提供のほか、横浜土産や贈答用として瓶ビールを販売してきたが、重さや陳列スペースの関係からコンビニで取り扱われにくいため、10年ほど前から缶ビールの構想があったという。缶の製造や販路の目途がたった昨年から、創業20周年の記念事業として、本格的に缶ビール造りに乗り出した。

4醸造所がある街一層のアピールに

 販売について、同社マーケティング・メディア部部長の横内勇人さんは「地元の人に横浜のビールがあることを知ってもらいたかった。そのために手に取ってもらいやすいよう、身近で購入できるコンビニでの販売を実現したかった」と強い思いを語る。今回、缶ビールとして商品化した『横浜ラガー』は同社で一番の人気商品。スッキリした飲み口や柑橘を思わせるホップの芳醇な香りと苦味、モルトの香ばしさが特徴で「グイグイ飲みたくなる『旨苦さ』」だという。

 パッケージにもこだわり、横浜の海をイメージしたネイビーブルーをベースに、三代広重が描いた横浜浮世絵『横浜波止場ヨリ海岸通異人館之真図』をデザイン。「ヨコハマには横浜のビールがある」という同社の思いを入れたキャッチフレーズのフォントは「濱明朝」を使用。開港地の歴史や新しいみなとみらいなど、新旧のイメージを織り交ぜスタイリッシュに仕上げた。

 横内さんは、中区内だけでも同社を含めて4つのビール醸造所が密集していることをあげ「今後は横浜がクラフトビールの街であることをアピールしていきたい」と意気込む。今回の缶ビール発売もその一環とし「地元の人たちが横浜を誇れる商品として買っていただけたら」と話している。

 同商品は1本350ミリリットル318円税別(店頭希望小売価格)、県内のコンビニエンスストア約800店や百貨店、直営店のほか、順次ネットショップでも販売予定となっている。

青いラベルが目をひく「横浜ラガー」の缶ビール
青いラベルが目をひく「横浜ラガー」の缶ビール

中区・西区版のトップニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter