中区・西区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

(PR)

MM21熱供給第1回 都市を支える地域冷暖房 取材協力/木原茂常務取締役

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 みなとみらい21(MM)地区へ冷暖房や給湯に使う熱エネルギーを一元的に供給するみなとみらい21熱供給株式会社。このコーナーでは、同社で働く人にスポットを当て取り組みを紹介する。第1回目は、導入としてMM地区で展開される「地域熱供給事業」について取材した。

 熱供給事業とは「加熱され、もしくは冷却された水または蒸気を導管により供給すること」と法律で定義されている。冷暖房や給湯に使う冷水や蒸気を大型機器が入るプラントで一括製造。地域内にある住宅やホテル、商業施設などに地域導管を使って24時間365日供給する仕組みだ。

 日本の熱供給事業は、高度経済成長期に都市化が進むなかで、顕在化した公害問題の一つの解決策として注目された。1970年に大阪万博の会場で「地域冷房」が初導入され、2年後には、札幌で開催された冬季五輪に向け「地域暖房」を取り入れた。

 導入前の札幌は石炭で焚く暖房器具を使用していたため、熱やガスは外に排出され「どんよりと曇り、雪はススで白くなかった」という。地域暖房により青い空、白い雲となり、五輪開催時には環境に優しい近代都市として世界の人々を招き入れた。現在、日本では、136カ所で熱供給事業が実施されている。

 同社は、89年からMM地区で熱供給を開始。本社にあるセンタープラントとクイーンズスクエア横浜地下の第2プラントで熱を製造する。同地区の開発とともに供給量を伸ばし、1区域内でみると全国で1番の販売熱量を誇る。2019年供給開始から30年を迎えた。

省エネ、脱炭素化へ

 同社はこのほど、2030年に向けたビジョンを策定した。省エネや脱炭素化、災害の備えなどSDGsの考えに基づき、新たな時代のニーズに対応した事業を展開。MM地区の価値向上に寄与していく。

みなとみらい21熱供給(株)本社
みなとみらい21熱供給(株)本社

みなとみらい21熱供給株式会社

中区桜木町1-1-45

TEL:045-221-0321

http://www.mm21dhc.co.jp/

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6

体の痛みに適切な運動を

桜木町駅徒歩4分 パーソナルジム受講者募集

体の痛みに適切な運動を

腰痛・膝の痛みで悩む人に

10月21日号

不動産を無料で査定

不動産を無料で査定

締切迫る、10月29日まで

10月21日号

不動産の無料相談会

弁護士や税理士らプロが対応 宅建協会

不動産の無料相談会

10月26日(火)、新都市プラザ

10月21日号

顧問料0円の記帳・決算

小規模事業者専門の税理士

顧問料0円の記帳・決算

初回面談、見積り無料

10月21日号

老後の住まい プロに相談

老後の住まい プロに相談

横浜橋通商店街ふじケアグループ資金計画など提案

10月21日号

処分する前に無料相談を

古美術店「青宝堂」

処分する前に無料相談を

気になっていた品物 高額査定も

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook