中区・西区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 44 『三溪園 文化財の修繕と費用』

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
改修工事中の旧東慶寺仏殿
改修工事中の旧東慶寺仏殿

 三溪園には、原富太郎が私財を投げうって購入し、移築した建造物が11件あります。そのうちの多くは、当時荒廃しており「これは後世に残さねば」と富太郎が移築したものです。そのうちの7件9棟が重要文化財に指定されています。

 文化財保護法が無い時代に富太郎の目利きにより移築された建造物が、戦後の研究者や専門家から国宝に次ぐ重要文化財として認められたわけです。重要文化財に指定された建造物が移築されて集まることはありますが、明治・大正期に移築された建造物が一箇所でこれだけ重要文化財に指定されることはなく、富太郎の眼力が秀逸なものであった証拠だと感じます。

 現在、三溪園では、それら重要文化財の修繕が進められています。文化財の修繕は、どのような材料や工法なのかを確認し、記録をとりながら、忠実に同じ材料・工法で行わなければなりません。数千年後も同じ状態で保存するため、膨大な手間と時間、費用がかかります。そのおかげで、今回の修繕で新たに判明・発見できたこともたくさんあります。

 一方、現制度では、費用は入園料収入などの財源で、三溪園が費用の6分の1を負担しなければならないという課題もあります。公共財産でもある大切な文化財については、もっと公費を投入してでも守っていけるような制度や工夫ができたらと、いつも感じます。

 次回は三溪園南門から出て、産業道路を間門方面へ向かいたいと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

23年夏に供用開始へ

本牧市民プール

23年夏に供用開始へ 社会

再整備事業者が決定

5月7日号

『鉄道ファンが集まる神奈川臨海鉄道本牧線』

本牧 気まぐれ歴史散歩 45

『鉄道ファンが集まる神奈川臨海鉄道本牧線』

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

4月22日号

『三溪園 文化財の修繕と費用』

本牧 気まぐれ歴史散歩 44

『三溪園 文化財の修繕と費用』

4月15日号

「みなとみらいの 発展と共に30年」

トップインタビュー

「みなとみらいの 発展と共に30年」

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル谷口 高広 総支配人

4月15日号

街と若者で新たな価値を

街と若者で新たな価値を

NPO法人アクションポート横浜

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter