中区・西区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

東京五輪に伴いテロ警戒 ハマスタ周辺でパトロール

社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
にぎわう中華街をパトロールする参加者たち=7月23日
にぎわう中華街をパトロールする参加者たち=7月23日

 東京2020五輪開催に伴い、野球・ソフトボール会場である横浜スタジアムを管内に持つ加賀町警察署は、テロ・災害対策協力会などと連携して開会式の7月23日に繁華街などでパトロールを実施した。パトロールはソフトボール決勝戦の27日、野球決勝戦の8月7日を予定する。

 オリンピック反対派などによる暴動を防ぐために実施されたもので、テロ・災害対策協力会をはじめ、防犯協会や安全運転管理者会、交通安全協会の加賀町署管内の4団体が協力し実現した。

 23日には約15人が参加し、横浜スタジアム周辺の繁華街を中心にパトロールを行い、テロ警戒を強くアピールした。

「見せる」を意識

 開会式当日のパトロールでは、参加者はオレンジ色の安全パトロールベストを着用し、誘導棒を持ちながら夜の繁華街などを練り歩いた。

 コースは2つ。どちらも同署を始終点として、中華街から元町商店街、山下公園、開港広場公園、横浜公園を巡るコースと、日本大通り、県庁、本町通り、馬車道、尾上町通り、横浜スタジアムを巡るコース。

 初日の中華街は、観光客などでにぎわう中、参加者は「見せる警戒」を心掛けていた。

 同署の上原正署長は「会場だけではなく周辺も狙われやすい。最近ではドローンによるテロも増加している」と話し注意を呼び掛けた。

 同署テロ・災害対策協力会の高木正俊会長は「無観客とはいえ、常に警戒は欠かさず、加賀町署やほかの団体と協力しながらパトロールを行います。今回のような活動が抑止力になれば」と話していた。

 テロ・災害対策協力会は、県内全54警察署に組織されており、テロ・災害神奈川協力会の構成団体。警察と地域住民が日頃からの連携・協力体制をつくることで、突発的な事案に対応することを目的にしている。
 

一定の間隔を保ち巡回
一定の間隔を保ち巡回

中区・西区版のトップニュース最新6

歩いて街の魅力を再発見

元町・中華街

歩いて街の魅力を再発見 社会

スマホ活用しスタンプラリー

9月16日号

クラーク横浜が優勝

全国定通制卓球大会

クラーク横浜が優勝 スポーツ

初の快挙

9月16日号

第4地区の取組が表彰

西区

第4地区の取組が表彰 社会

高齢化課題解決の事例に

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ゆずファンをおもてなし

ゆずファンをおもてなし 社会

関内に交流拠点オープン

9月2日号

災害用トイレ設置に助成

横浜市

災害用トイレ設置に助成 社会

自治会・マンション対象

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook