中区・西区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

ボクシング、タイ国スーパーフェザー級チャンピオンの 大場 綜さん 西区北幸在勤 41歳

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena

52歳までボクサー現役を

 ○…2016年11月にプロボクサーとしてデビュー。タイ選手と外国人選手とが戦うタイ国のインターナショナルスーパーフェザー級王座に君臨して7月で丸3年、すでに2度の防衛を果たしている。めざすは世界王者だが、アジア代表決定戦が世界的なコロナ禍で見通せない状況に。「アフターコロナに必ず決定戦を行います」と鋭い眼光で語った。

 ○…数年前までは戸部警察署の近くに住んでいたが、支援者の縁から現在は東京都羽村市で暮らす。練習は週5〜6日。1日3時間、大田区のジムで汗を流す。シャドーボクシングや縄跳び、サンドバッグにパンチボールなどルーティンをこなす。毎日のロードワークも欠かさない。「朝は8Kmを45分ほどで走ります」と淡々と話した。

 ○…「背が低くて病弱。強くなりたくて始めた」。ボクシングは身近な存在だった。それもそのはず、伯父は現役のチャンピオンのまま交通事故でこの世を去った伝説のボクサー、大場政夫さんだ。伯父へのあこがれもあり中学3年で出身の小樽から上京。「周りに合わせるのは好きじゃない」と高校を1年で中退し、練習の合間を縫って机に向かい大検を取得。18歳で法政大学法学部に入学するも、1年で中退した。西区に住む父親は「『お前の好きにしろ』と言ってくれました」と、その信頼がうれしかったという。

 ○…個人事業者として横浜駅西口の好立地に事務所を置く。「支援者のおかげです」とはにかんだ。野球も好きでテレビ観戦が息抜きだ。また政治や法律関係の書籍を読むのが大好きという。ボクシングの魅力は「命がけの真剣勝負」と明快に語る。「体力の衰えは感じていない」と、52歳までの現役を掲げ、ボクサー人生を突き進む。

中区・西区版の人物風土記最新6

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

保土ケ谷区在住 78歳

10月21日号

桐谷 佳男さん

(一社)日本産業カウンセラー協会の神奈川支部長に就任した

桐谷 佳男さん

中区桜木町在勤 59歳

10月14日号

中田 恵子さん

神奈川県民ホールのオルガン・アドバイザーを務める

中田 恵子さん

鎌倉市在住

10月7日号

蕭  敬意(しょう けいい)さん

中区歯科医師会の新会長に就任した

蕭 敬意(しょう けいい)さん

南区在住 55歳

9月30日号

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

中区元浜町在住 55歳

9月23日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月16日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook