中区・西区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 49 『本牧の文豪 山本周五郎』

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
間門海岸の崖上に見える間門園昭和33年(1958年)武繁春氏寄贈
間門海岸の崖上に見える間門園昭和33年(1958年)武繁春氏寄贈

 文豪と称される偉大な作家・山本周五郎。山本は昭和21年(1946年)に本牧在住の編集者を頼って本牧へ移住してきました。山本は、その後自宅から近い間門の崖上にあった旅館・間門園の離れを借りて書斎とし、63歳で亡くなるまでの20年間、本牧で数々の名作を執筆しました。昭和20、30年代に、新聞や雑誌に連載される山本の小説を毎回楽しみにしていた方も多いのではないかと思います。また、たくさんの山本作品が現在も映画やTV・舞台で上演されるので、そちらで馴染みがある方も多いかもしれません。

 小学生のときから文才があった山本は、担任から「小説家になれ」と言われたことで小説家を目指したとのことですが、才能が全開したのは本牧在住の編集者のもとで『柳橋物語』の連載を始めてからでした。その後『樅の木は残った』『赤ひげ診療譚』『青べか物語』『日々平安(椿三十郎原作)』『さぶ』など数々の名作を残しました。

 山本の代表作には時代小説が多いですが、新聞や雑誌にも多数の随筆を発表しています。亡くなるまでの20年間を本牧で暮らし、散歩を日課としていた山本の随筆には、本牧のことを著したものも多いです。また、昭和20、30年代に執筆されていながら、現在にも通じる問題についても数多く触れており、そのまなざしの鋭さに驚かされます。

 次回は丘を下って間門交差点を渡っていきたいと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

『震災と根岸の赤十字病院』

本牧 気まぐれ歴史散歩 50

『震災と根岸の赤十字病院』

10月21日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【8】

横浜とシュウマイと私

「横浜発・シウマイで街おこし」

9月30日号

「パン屋の課題を業界全体で解決」

トップインタビュー

「パン屋の課題を業界全体で解決」

株式会社ハットコネクト(中区海岸通)中島 慶 代表取締役

9月16日号

『本牧の文豪 山本周五郎』

本牧 気まぐれ歴史散歩 49

『本牧の文豪 山本周五郎』

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

8月26日号

『間門と根岸 地名のお話』

本牧 気まぐれ歴史散歩 48

『間門と根岸 地名のお話』

8月19日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook