中区・西区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 50 『震災と根岸の赤十字病院』

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
根岸地区内で新築・移転した横浜赤十字病院 昭和39年(1964年)
根岸地区内で新築・移転した横浜赤十字病院 昭和39年(1964年)

 開港場となった横浜には、国内外からたくさんの人々が集まり、市域も広がり、短期間で日本第6位の大都市になりました。大正12年(1923年)9月1日、関東大震災は大都市となった横浜を襲いました。当日は台風が北陸を通過し、横浜にも強風が吹きこんでいたため、火災の広がりも早く、横浜中心部は壊滅状態に陥りました。

 市内の病院38箇所1295床も9箇所254床しか残らず、膨大な傷病者に対して医療従事者も医薬品等も全く足りない状況となりました。県医師会長が経営する根岸療養院も被害を受けましたが、無事だった建物については無償で日本赤十字社(以下「赤十字」)に提供され、赤十字の臨時病院となって傷病者の受け入れと治療を行いました。

 9月5日に来航した米国艦隊は、倒壊を免れた新山下埋立地に天幕75張750床の野戦病院を設置し、救援にあたりました。野戦病院は、10月29日に任務を終え、医療機器・医薬品・食糧すべてを赤十字に寄贈しました。赤十字は臨時病院などで活用しました。

 翌年4月に赤十字は根岸療養院を買い取り、横浜赤十字病院と改名しました。同院は、平成17年(2005年)に野戦病院が設置された新山下地区に出来たみなと赤十字病院の開院に伴い、閉院するまでの長い間、本牧・根岸の地域医療を支える病院となりました。

 次回は、写真の道路を右側へと渡って、路地を歩いていこうと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

<PR>

中区・西区版のコラム最新6

『根岸の3つのお社』

本牧 気まぐれ歴史散歩 51

『根岸の3つのお社』

11月25日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【10】

横浜とシュウマイと私

元祖シュウマイ酒場も横浜由来?

11月25日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【10】

横浜とシュウマイと私

元祖シュウマイ酒場も横浜由来?

11月18日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【9】

横浜とシュウマイと私

「シュウマイ旅の美味しさ」

10月28日号

『震災と根岸の赤十字病院』

本牧 気まぐれ歴史散歩 50

『震災と根岸の赤十字病院』

10月21日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【8】

横浜とシュウマイと私

「横浜発・シウマイで街おこし」

9月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook