南区版 掲載号:2011年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

南中学 柔道部が"相撲"で全国へ 「二足のわらじ」で成果

スポーツ

畳の上でまわし姿の選手たち
畳の上でまわし姿の選手たち

 市立南中学校が相撲の中学県大会団体戦で優勝し、8月20日から兵庫県姫路市で行われる全国大会に初めて出場する。選手はいずれも普段は柔道部で活動する。練習の一環として取り入れた相撲で好成績を残し、「二足のわらじ」を履き続ける。

 7月31日に行われた県大会。団体戦は3人によって行われる。御幸中(川崎市)との決勝では3対0で相手を圧倒した。メンバーの相澤駿介君(3年)は「最初から優勝を狙っていた」と筋書き通りの展開だった。

 柔道では市大会上位の常連である南中。足腰の強化を図ろうと、2年前から週1回、練習に相撲を取り入れた。指導する竹内勝広教諭によると、県内の中学生の相撲選手の多くが柔道との掛け持ちだという。

柔道にもプラス

 南中には土俵はなく、稽古場を求めて県内各地に出かけることもした。小山侑介君(同)は「相撲をやることによって、筋肉が付き、踏ん張れるようになった」と柔道にもプラスだという。

 強豪が揃う全国の舞台。個人戦でも全国大会に出る江利川啓君(同)は体重が120kgあるが「全国に行けば自分より大きな相手がいっぱいいる」と話す。

 相撲で全国の土俵を踏むが「本当は柔道で強くなりたい」と相澤君が語るように、柔道が主体であることに変わりはない。

 柔道県大会では女子が団体戦で3位に入り、関東大会に出場したのに対し、男子はベスト16止まりだった。「全国では立ち合いで強く当たりたい。目標は優勝」と相澤君。畳の上での悔しさを土俵にぶつける。
 

南区版のトップニュース最新6件

太鼓響かせ被災地支援

中国人から料理学ぶ

中村小

中国人から料理学ぶ

3月15日号

業務改善にITの力

永田東くらき保育園

業務改善にITの力

3月8日号

一斉清掃でつながり生む

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

跡地に7階建て共同住宅

別所1丁目旧土木事務所

跡地に7階建て共同住宅

3月1日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク