南区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

報道写真家として被災地の様子を記録し続けている 浜口 タカシさん 吉野町在住 80歳

悲しみと希望を伝え続ける

 〇…東日本大震災の被災地で撮影した写真の作品展を12月10日まで関内で開催している。岩手、宮城、福島の3県を6月から9月にかけて4回訪れ、計11日間撮影した。津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田や気仙沼の様子を目の当たりにし「津波が全部をさらい、戦後の焼け野原のようだった」と振り返る。

 〇…1964年の新潟地震に始まり、95年の阪神・淡路大震災など、数々の災害現場を写真に収め、被災者へのインタビューも行ってきた。今回、被災地では目を背けたくなる場面に何度も遭遇した。「畏敬の念を抱きながらシャッターを切った」。72人が死亡・行方不明となった南三陸町の病院では手向けられた花束に涙した。泥の中にぽつんと置かれた花束を収めた1枚からは、言葉にできない悲しみが感じられる。がれきの上に泳ぐ鯉のぼりを見た瞬間は「『がんばろう東北』と心の底から叫びながら、夢中でシャッターを切った」。撮影では「どれだけ相手の気持ちになって撮れるか」が重要だという。

 〇…図画が得意な少年が初めてカメラを手にしたのが17歳。その後、南太田でカメラ店を営み、店先に町内のまつりなどを撮影した写真を飾り、それが評判を呼んだ。「写真を毎週変えないと『まだか』と言われた」と笑う。以来、イベントの撮影に力を入れた。同時に安保闘争や中国残留孤児などの社会問題を最前線で取材、撮影。報道写真家としての実績を重ね、97年には横浜文化賞を受賞した。

 〇…被災地入りの背中を押してくれたのが妻と娘。「行ってきて」と旅費まで用意してくれた。東日本大震災の記録をまとめた写真集のあとがきには「25冊目にして初めて2人への感謝の言葉を入れた」と照れくさそうに話す。「1万文字の言葉より1枚の写真―」。震災の教訓を伝えるために「復興へ向けた”希望”を撮りたい」と力強く語り、東北を応援する気持ちを原動力にカメラを構え続ける。
 

南区版の人物風土記最新6件

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク