南区版 掲載号:2012年12月20日号 エリアトップへ

衆院選2区 菅氏圧勝、大差で6選 民主・三村氏、議席失う

政治

掲載号:2012年12月20日号

  • LINE
  • hatena
当選から一夜明けた17日朝、上大岡駅前で報告を行った菅氏
当選から一夜明けた17日朝、上大岡駅前で報告を行った菅氏

 衆議院議員選挙の投開票が12月16日に行われた。自民党が単独過半数を獲得する大勝の中、前職、新人の3人が争った神奈川2区(西・南・港南区)では、自民党の前職・菅義偉氏(64)が民主党の前職・三村和也氏(37)、共産党の新人・児玉俊明氏(50)を大差で下し、6度目の当選を決めた。三村氏は比例復活もならず、議席を失った。

 民主党が政権交代を遂げた2009年の衆院選でも小選挙区の議席を守った菅氏。前回は三村氏に548票差まで迫られる接戦だったが、今回はダブルスコアに近い圧勝だった。

 選挙戦では、円高やデフレからの脱却など、経済面での対策を強調した菅氏。安倍内閣時代に総務相を務めた経験も踏まえ、道州制の導入など、地方分権の推進も訴えていた。

 党幹事長代行として解散直後からテレビ出演が増えていた。選挙期間中は全国の候補者応援に走り、日中、2区内で活動できたのは12日間のうち、3日間だけだったという。

地元留守も盤石

 菅氏は自らの当選を東京の党本部で知った。南区の選挙事務所では家族や支持者らが当選を祝った。当選から一夜明けた17日、午前7時前から上大岡駅前で報告を行い、本紙の取材に「全国、どこを回っても景気対策が重要だと感じた。あらゆる政策を総動員したい」と話した。県連会長として県内の小選挙区立候補者が比例復活と合わせ、全員当選したことには「(前回の選挙以降)3年3カ月間、地に這いつくばるような活動が実り、責任を果たせた」と安堵の表情を見せた。

 2区では00年以降、5回連続で菅氏に民主、共産の候補が挑む争いとなった。今回、菅氏の得票率は57・9%で05年の58・4%に次ぐものだった。

民主、逆風に沈む

 前回から大きく票を減らした三村氏は、比例での復活当選もならなかった。

 選挙期間中は自転車を使って移動し、若さを前面に出す選挙戦を展開したが、党に対する逆風をはね返せなかった。

 三村氏は開票後、南区の事務所であいさつ。「力不足、努力不足だった」と支持者に頭を下げ、「次の選挙からは一生負けません」と巻き返しを誓った。

共産は票増やす

 共産党の児玉氏は「原発ゼロ」などの政策を訴え、前回の同党候補より票を増やしたものの落選した。

 2区の投票率は59・24%で3年前の前回を9・06ポイント下回った。南区は9・03ポイント減の56・55%だった。
 

南区版のトップニュース最新6

集団・個別を各自選択

ワクチン接種

集団・個別を各自選択 社会

市、3月下旬から通知開始

2月25日号

地域の魅力 相次ぎ発信

六つ川小

地域の魅力 相次ぎ発信 教育

絵本制作や樹名板作り

2月25日号

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布

【Web限定記事】

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布 社会

「犬っこ」 交流で物産展も視野

2月18日号

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷

【Web限定記事】

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷 社会

対象49万人、前年度下回る水準

2月18日号

教育論文で全国優秀賞

井土ケ谷小学校

教育論文で全国優秀賞 教育

理科で児童の主体性育む

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市予算案

一般会計 初の2兆円台に 政治

21年度、コロナ対応で膨張

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク