南区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

南区地域自立支援協議会の代表として障害者をサポートする活動を続ける 中根 幹夫さん 中村町勤務 42歳

誠実に学ぶ姿勢を忘れず

 ○…区内の地域作業所などの障害者施設、約40団体が加盟する団体の代表を5年前から務める。”点”になりがちな支援を”面”に広げられるよう、情報交換や施設の訪問を繰り返す。3月14日には、障害ついて考える会主催の講演会を開く。「障害とは何かを考えてほしい」と強く願う。

 ○…大学生の時、社会福祉学を学ぶ中、障害者が生活する地域作業所やグループホームなどの現場を体験。「話してみると、甘い物が好きだとか、自分と何も変わらないと思った」。会話が困難な人でも向き合えば言葉を聞き取れないことはない。重い障害がある人でも「できないという先入観を持って接してはいけない」と痛切に感じた。障害者の生活と接する中で支援の仕事をしたいと思うようになる。市内で複数の支援施設を運営する社会福祉法人「横浜共生会」に入り、8年前から中村町の地域活動ホーム「どんとこい・みなみ」で活動。5年前から所長として関連施設も含めて80人近いスタッフをまとめる。

 〇…「施設利用者から学んだことがすべて糧になっている」と断言。かつて、食事介護が必要な人に対し、食べ切らないうちにスプーンですくったものを口の前へ運んでいた。「これでは急がされてしまう」と言われ、初めて自分の行動が相手のことを考えていないと知った。教科書では分からない現場の経験が、トップとなった今でも自分を支える柱になっている。「学ぶ謙虚さを持ってほしい」。スタッフに求めるのは、利用者から信頼されるための誠実さ。言葉の端々から、謙虚に利用者に寄り添おうという気持ちが感じられる。

 〇…家では2人の中学生の娘の父親。住まいは港南区だが、南区での仕事が長く、愛着も沸いている。「区のキャッチフレーズ『南の風はあったかい』の通りだと思う」。困っている人に何かできるよう、いつでも、どこでも学ぶ姿勢を忘れず、地域に、そして、障害者に寄り添っていく。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

秋元 和夫さん

3月25日まで日本画などの個展を開いている

秋元 和夫さん

3月22日号

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク