神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
南区版 公開:2014年4月10日 エリアトップへ

ミニバスケ 六ツ川、初出場で全国Ⅴ 不安乗り越え快挙

スポーツ

公開:2014年4月10日

  • LINE
  • hatena
優勝した男子チームとコーチ陣
優勝した男子チームとコーチ陣

 六つ川小、六つ川台小、六つ川西小の児童が所属する「六ツ川ミニバスケットボールクラブ」(萩原亜紀代表)の男子チームが、東京で3月30日まで行われた全国大会に初出場し、初優勝を果たした。

 大会は各都道府県で行われた予選を勝ち抜いた計48チーム(三重県のみ2チーム)が出場。12チームずつ4つのブロックに分かれ、各ブロックでリーグ・トーナメント方式での試合を行い、4チームが全国優勝となる。

 1月に行われた県大会で初優勝し、全国への切符を手にした同クラブは、予選リーグで大阪府、愛知県の代表チームと対戦。初出場のプレッシャーで硬さが見られたものの、2連勝で決勝トーナメントに進出した。

 準決勝で広島県代表チームを13点差で退け、迎えた決勝戦では、石川県代表の「根上ミニバスケットボールクラブ」と対戦。相手エースへの徹底マークの作戦が功を奏したほか、リバウンド技術の高さを発揮し、44対39で接戦をものにした。

壮行会で団結

 県大会終了後、児童のインフルエンザ感染の影響や学校の卒業式などで思い通りの練習ができず、不安を抱えて臨んだ今大会。同クラブの菊地加代子コーチは「大会前の壮行会で選手の士気が一気に高まった」ことを勝因の一つに挙げる。

 壮行会は「横浜市南部ミニバスケットボール連盟」に所属する約20チームの関係者が集まり、3月中旬に開催。100人以上が同クラブを激励したことで、選手たちの結束力、県代表としての自覚が芽生えた。

 男子チーム主将の萩原康平君(大会時、六つ川台小6年)は、小学校生活最後の大会を振り返り「優勝はみんなで協力した結果。支えてくれてありがとうと言いたい」と感謝した。

 菊地コーチは「選手はのびのびと試合を楽しんでいた。たくましくなった」と子どもたちの成長を喜んだ。

【南区から】3月11日は黄色い旗を探しましょう

3月11日に南区内の医師会、歯科医師会、薬剤師会の協力のもと、黄色いのぼり旗の掲出訓練を行います。

https://www.city.yokohama.lg.jp/minami/kurashi/bosai_bohan/saigai/120023.html

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

地域活動の成果発表

地域活動の成果発表

助成金交付団体が報告

2月29日

北永田地区 1年無火災

北永田地区 1年無火災

推進委員会から表彰

2月29日

動物園、図書館改修へ

野毛山地区

動物園、図書館改修へ

障害児者支援拠点新設も

2月29日

大岡川を花見散歩

大岡川を花見散歩

市民団体、3月17日に企画

2月29日

中世東国史を学ぶ

中世東国史を学ぶ

3月2日、蒔田で講演会

2月29日

「みなっち」仕様 防災ボトル

「みなっち」仕様 防災ボトル

自治会・団体向けグッズ

2月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月29日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook