南区版 掲載号:2014年7月3日号 エリアトップへ

上杉家当主が蒔田に 「討ち入り」語る

文化

掲載号:2014年7月3日号

  • LINE
  • hatena
討ち入りについて語る上杉さん
討ち入りについて語る上杉さん

 「忠臣蔵」で赤穂浪士に討たれた吉良上野介の血を受け継ぐ、上杉家17代当主の上杉邦憲さんによる講演会が6月29日、蒔田町の旅館松島で行われた。

 講演会は吉良とゆかりのある蒔田に関する歴史を学ぶ市民団体「蒔田の吉良歴史研究会」(斎藤勁会長)の主催。歴史好きの市民ら80人が集まった。

 上杉さんは「史料から見た赤穂浪士討ち入り」をテーマに語り、自らが調べた資料を基に討ち入りや吉良と蒔田の関係を説明した。「世間の吉良の評判は悪いが、地元では立派な殿様と評価されている」と話すと拍手が起こった。吉良の分家が住んでいたとされる蒔田に初めて来たという上杉さんは「歴史のつながりは面白い」と笑顔を見せた。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク