南区版 掲載号:2014年7月10日号 エリアトップへ

井土ヶ谷2町内会 商店街の「夜店」引き継ぐ 名物行事の灯、住民守る

社会

掲載号:2014年7月10日号

  • LINE
  • hatena
夜店に多くの子どもが集まる
夜店に多くの子どもが集まる

 昨年まで30年間、井土ヶ谷上町正栄会(岩崎堅一会長)が主催していた「納涼夜店」を今年から周辺の井土ヶ谷上町第一町内会(佐々木哲夫会長)と同第二町内会(清水昭芳会長)の2町内会が行うことになり、7月20日に井土ヶ谷上町公園で開かれる。役員の高齢化などで商店街が開催を断念した夜店を町内会が受け継ぎ、準備が進められている。

高齢化で困難に

 納涼夜店は正栄会の祭りとして毎年7月中旬に行われてきた。公園に屋台が並び、夏休みに入ったばかりの子どもが多く集まり、にぎわいを見せる正栄会の名物行事だった。

 しかし、加盟する店舗の減少や正栄会会員の高齢化などにより、年々、運営が難しくなっていた。中心になって夜店を担当していた正栄会の斉藤貴章さんは「重いテントや機材も多く、準備や片付けの際にけがをする心配があった」と昨年、30回の節目を迎えたことから、夏の風物詩の終了を決めた。

若い世代が協力

 ところが、終了を惜しむ声が町内会から出た。正栄会の相談役で上町第一町内会の佐々木会長が「これだけ地域に親しまれている行事をなくしてしまうわけにはいかない」と町内会が引き継ぐことを正栄会に提案。第二町内会の清水会長も「夜店を楽しみにしている子どもが多くいる」と賛同し、30代、40代の若い役員や協力者がいる両町内会が夜店を共催し、引き継ぐことになった。

 焼き鳥やビールの販売など、夜店の内容はこれまでとほとんど変わらない。正栄会と町内会側は開催へ向けた話し合いを何度も行っており、会場周辺の交通整理方法などのノウハウも引き継がれた。綿菓子やポップコーンを作る機械は正栄会が貸し出す。焼き鳥の下準備を正栄会の店舗に依頼するなど、両者の連携が図られている。佐々木会長は「毎年8月、住吉神社の祭りに合わせて町内会で出店をやっており、やり方は分かっている。手伝いたいという若い人も多く、町内会全体が盛り上がっている」と話す。

 斉藤さんは「私たち商人と違う方法でお客さんを楽しませてくれるのではないか」と町内会の取り組みに期待している。

 昨年までと同様に南中学校和太鼓部の演奏で午後4時にスタートし、7時まで。雨天の場合は21日に順延される。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

女性団員が市最優秀賞

南消防団

女性団員が市最優秀賞 社会

声楽隊などの活動評価

3月4日号

寺院で弁当無料配布

横浜市仏教会

寺院で弁当無料配布 社会

住民・飲食店を元気に

3月4日号

集団・個別を各自選択

ワクチン接種

集団・個別を各自選択 社会

市、3月下旬から通知開始

2月25日号

地域の魅力 相次ぎ発信

六つ川小

地域の魅力 相次ぎ発信 教育

絵本制作や樹名板作り

2月25日号

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布

【Web限定記事】

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布 社会

「犬っこ」 交流で物産展も視野

2月18日号

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷

【Web限定記事】

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷 社会

対象49万人、前年度下回る水準

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク