南区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

8月3日に縁日を行うドンドン商店会の理事長として地域を盛り上げる 榎本 喬夫さん 庚台勤務 76歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

小さな積み重ねを信頼に

 ○…この4月、理事長に就任。最盛期には50店舗を超えた商店街も現在の加盟は18店。「店の人もお客さんも高齢者ばかりになっている」と語り、年間最大規模の行事である縁日をきっかけに「子どもや若い人が訪れてくれれば」と期待する。縁日は夏休み恒例のイベントになったが、「春や秋にも何かしたいね」と人を呼べる企画を積極的に行っていく方針だ。

 〇…石けんの営業マンだった父が1948年、庚台で化粧品店を始める。自身は大学を出て、大手鋼管メーカーの子会社で4年間働いていたが、実家の店が支店を開くのに合わせ、家業を手伝う。「お客さんに喜んでもらうことしか考えなかった」と家庭用品や雑貨、文具など、要望に合わせて、取り扱い品を増やしてきた。「品数は増えたけれど、雑然とした感じがいいのでは」と所狭しと品物が並ぶ店内を見回して笑う。

 〇…店の前に置かれたベンチには、約束をしたわけでもないのに、常連客が並んで座り、世間話に花を咲かせる。「お客さんは誰も入っていない店に入りづらいだろうから、人を集めるために置いてみた」とニヤリ。今では店前が商店街周辺の憩いの場になっている。小さな石を積み重ねて築かれた大阪城の石垣を引き合いに出し「店全体の大きさでは大型店に負けるが、小さいものが集まって安定していれば、世間が認めてくれるだろう」と商店街の存在意義を語る目は真剣だ。

 〇…現在は長男が3代目として活躍。「『おじいちゃんが始めた店だから』ってやってくれてね」と息子を眺める目が細くなる。妻と長男の嫁、長女は伏見町で化粧品店を任されており、一家で店を守っている。趣味は旅行。妻と2人で月2回はドライブをする。「秋には那須や関西に行きたいね」と今から楽しみな様子。「若い人が集まる商店街にしたい」。次の世代のために取り組むという使命感を胸に、歴史ある商店街を盛り上げていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

渡邊 秀真さん

南区の小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身で春高で準優勝した

渡邊 秀真さん

磯子区在住 16歳

1月21日号

三村 悠三さん

一般社団法人横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

39歳

1月14日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月7日号

笹川 吉康さん

プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位で指名された

笹川 吉康さん

横浜商業高校3年 18歳

1月1日号

斎藤 好子さん

南交通安全母の会の会長を務め、子どもの見守り活動を行う

斎藤 好子さん

井土ヶ谷上町在住 82歳

12月17日号

佐藤 明美さん

南永田団地の活性に努め、地元の小中学校の体験授業をサポートする

佐藤 明美さん

永田みなみ台在住 71歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク