南区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

関東学院 歴史的建造物にお別れ 中学校旧本館 3月解体、卒業生ら見学

教育

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
旧本館の正面玄関
旧本館の正面玄関

 三春台の関東学院中学校で2009年まで使用されていた旧本館が取り壊されることになり、1月23日、24日に「お別れ会」と題した見学会が開かれた。

英国の城塞風

 旧本館は1929年、米国の建築家、J・H・モーガンの設計で建てられた。建物は鉄筋コンクリート3階建て、地下1階、延べ面積3715平方メートルで教室や礼拝堂があった。「ノルマン様式」と呼ばれる中世英国の建築様式が採用され、玄関部分の城塞風の塔が特徴。旧根岸競馬場一等馬見場などを手がけ、横浜にゆかりの深いモーガンの設計で、92年には市から歴史的建造物の認定を受けた。

 老朽化で09年に使用を終えた後は、建物保存を目的に学校側が寄付金を募るなどしたが、一部に崩壊の危険性があり、補強工事が困難と判断され、取り壊しが決まった。

 見学会には卒業生や市民など2日間で約700人が参加。立ち入り可能な教室や礼拝堂を巡った。50年前に卒業したという女性は「礼拝堂のピアノで賛美歌を弾いたことを思い出した。取り壊されるのは淋しい」と思い出の学び舎がなくなることを惜しんだ。

 関東学院によると、3月から解体工事を始める。20年以降、旧本館の外観を模した校舎を復元させる予定。その場合でも歴史的建造物の認定は継続される。

南区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

行政書士が相談対応

【Web限定記事】給付金などの申請

行政書士が相談対応 経済

市、事業者向けに電話窓口

6月4日号

蒔中アジサイ今年も見ごろ

持ち帰り飲食店のマップ作成

【Web限定記事】宮元町の印刷会社

持ち帰り飲食店のマップ作成 社会

蒔田駅周辺、21店舗を紹介

6月4日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月5日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク